コーディング

jQueryやwordpressでよく使う演算子について

2016.07.21

2017.07.26

計算機とメモ書き

jQueryやwordpress、phpなどを記述する際に使われる演算子。主に条件分岐などで使われるこれらは、前後のデータに対して処理を行う際に用いる記号です。

よく使う演算子には大きく分けて3つの種類があります。今回はそれらを一覧にし、いざというときに見直せるようまとめてみます。

演算子の種類

webでよく使う演算子には、代入演算子、比較演算子、論理演算子の3種類があります。
代入演算子は変数にデータを格納する際に使用する演算子、比較演算子は左右のデータを比較して真偽値(true/false)を返す演算子、論理演算子は複数の条件を組み合わせる際に使用する演算子です。

それぞれの演算子ごとに、よく使うものを意味と合わせて以下に一覧にしてみます。

代入演算子

演算子 意味 使用例 結果
= データを格納(代入)する $i = 2 2
+= 変数に加算、または文字列の連結をしたものを代入 $i += 2 $iが2の場合は4
-= 変数に減算したものを代入 $i -= 2 $iが2の場合、0
*= 変数に乗算したものを代入 $i *= 2 $iが2の場合、4
/= 変数に除算したものを代入 $i /= 2 $iが2の場合、1

比較演算子

演算子 意味 使用例 結果
== 等しい 2 == 3 false
< より小さい(未満) 2 < 4 true
>= より大きいか等しい(以上) 2 >= 3 true
!= 等しくない 2 != 3 true

論理演算子

演算子 意味 使用例 結果
&& 論理積(and) $i && $b $aと$bともにTRUEの場合にTRUE
| 論理和(or) $i | $b $a又は$bのどちらかがTRUEの場合にTRUE
! 否定 !$i $iがTRUEでない場合にTRUE

もう一点、よく使う演算子があります。

インクリメント・デクリメント演算子

演算子 意味 使用例 結果
++ 1を加える $i++ $iが2の場合、3
1を引く $i– $iが2の場合、1

これらの意味がわかっているとちょっとしたjQueryやwordpressの条件分岐を作る際に役立ちます。ふとしたときに「こんなのあったな」と思い出して調べられるようにざっと意味を頭に入れておくと便利です。

SHARE

この記事の筆者

Web&Soundクリエイター 田村 培修

Web&Soundクリエイター 田村 培修

楽器とパソコンのキーボードを使い分ける当社のマルチクリエイター。e-sportsに興味津々であれこれ情報を収集中。

Archive

CONTACT

06-6537-9941
受付時間
9:00〜19:00
休日
土日祝日

株式会社ゼロワンアース
〒550-0012 大阪市西区立売堀2-5−41合田ビル6F

メールで問い合わせる

ホームページで成果をあげるには、
まず現状分析

反響のないホームページをあきらめていませんか?ホームページで成果をあげるためには、現状を分析し改善していく必要があります。大阪市西区の本社にて無料相談を受け付けておりますので、ホームページ制作のことでお悩みの方は上記CONTACTより、お問い合わせください。