コーディング

Advanced Custom Fieldsで
タクソノミ一覧ページにテキストフィールドを追加

2017.08.01

Advanced Custom Fieldsでタクソノミ一覧ページにテキストフィールドを追加

Wordpressでサイトを構築するときに大変便利なプラグイン、Advanced Custom Fields。これを使えば記事内だけでなく、タクソノミ一覧ページにも任意のテキストを管理画面から入力できるのですが、設定方法に一手間必要だったので紹介したいと思います。

Advanced Custom Fieldsの設定

管理画面の「位置」の1つめのプルダウンで『タクソノミーターム』を選び、2つめと3つめのプルダウンで適用するページを設定します。フィールド名はわかりやすいものを任意でつけます。これでタクソノミページにテキストエリアを出す準備は完了です。

ACF編集画面

タクソノミページでの動作

カスタムタクソノミの編集ページに入ると、先ほど名前をつけたカスタムフィールドが見つかるはずです。ここに任意のテキストを入力することができます。

タクソノミ編集画面

テンプレートへの記述

該当テンプレートに以下のように記述します。

<?php
$term_slug = get_query_var('タクソノミー名');
$term_ID = get_term_by('slug',$term_slug,'タクソノミー名')->term_id;
$任意の変数名 = the_field( '設定したカスタムフィールド名','タクソノミー名_'.$term_ID);
?>

<?php echo $任意の変数名; ?>などで任意の場所に出力することができます。親タクソノミ、子タクソノミでも動作します。

まとめ

descriptionとは別に、改行やスタイルを適応した記述をタクソノミ毎に追加したい、なんてときに役立つのではないでしょうか。

Advanced Custom Fieldsは便利なプラグインですが、一般的な機能以外は有用なものでも情報が少なかったりします。せっかくなので調べてわかったことについては今後もこちらで紹介させていただきます。

SHARE

この記事の筆者

Web&Soundクリエイター 田村 培修

Web&Soundクリエイター 田村 培修

楽器とパソコンのキーボードを使い分ける当社のマルチクリエイター。e-sportsに興味津々であれこれ情報を収集中。

Archive

CONTACT

06-6537-9941
受付時間
9:00〜19:00
休日
土日祝日

株式会社ゼロワンアース
〒550-0012 大阪市西区立売堀2-5−41合田ビル6F

メールで問い合わせる

ホームページで成果をあげるには、
まず現状分析

反響のないホームページをあきらめていませんか?ホームページで成果をあげるためには、現状を分析し改善していく必要があります。大阪市西区の本社にて無料相談を受け付けておりますので、ホームページ制作のことでお悩みの方は上記CONTACTより、お問い合わせください。