2015.10.19

2017.05.23

Web制作

コンテンツが重要だからこその読みやすいコンテンツ考察

テキストの羅列

読みやすいコンテンツはWebサイトの大きなアドバンテージです。読みにくいコンテンツを制作しようとは誰も思わないでしょうが、意図せずそうなることは、あるかと思います。

意図せずそのようなコンテンツを生み出さないためにも、意図的に読みやすさを作り出します。

体系立てられた文章構成

見出しは見出しとして、本文は簡潔にわかりやすく、段落が長くなりすぎないなど体系立てられた文章構成が読みやすいコンテンツを制作する大前提です。

デザインによる情報の強弱

デザインは読みやすいコンテンツ制作する上で大きな役割を担います。文章構成をそれとわかりやすく見せるのもデザインですし、情報の優先度を視覚的に伝えるのもデザインです。

見出しのデザイン

情報レベルにあったそれぞれの見出しデザイン

本文のデザイン

文字の大きさ行間、段落の余白、コントラストを適正にデザイン

各セクションのデザイン

各セクションの区切りがそれとわかり、情報の優劣が明確なデザイン

図解やイメージ画像を適度に配置する

図解やイメージ画像で情報を補足できる場合は積極的に採用するべきです。「百聞は一見に如かず」という言葉が示すように視覚的に情報を補足することは、くどくど長文で説明するよりわかりやすく読みやすいと言うことです。

コンテンツは内容も大事ですが、それを読みやすくわかりやすくユーザーを誘導することも大事です。そう言った点を踏まえるとデザインには正解が存在し、全ては必然の上に成り立っていると言うことがわかります。

SHARE

この記事の筆者

デザイナー 若井 徳彦

デザイナー 若井 徳彦

ターゲットに合わせたUIやUX、目的を達成させるためのデザインをモットーに取り組んでいます。SEOやグロースハックとの親和性の高いデザインが求められてると感じています。

WEBSITE DESIGN REQUEST

ホームページ制作・リニューアルの
ご相談はお気軽に

TEL 06-6537-9941 平日 9:00〜19:00

〒550-0012 大阪府大阪市西区立売堀2-5−41

ホームページ制作を相談する