Web制作

404?503!?慌てずステータスコードの意味を読み解こう

2016.05.10

2017.05.29

絶望する女性

そもそも404や403って何だろう?

404や403などのサイト閲覧不可時に表示される数字、これは正しくはHTTPステータスコードといいそれぞれの数字には意味があります。
制作したサイトがステータスエラーで見れない場合、この数字の意味がわかっていれば原因解明の糸口となるので、今回はそんなHTTPステータスコードについて説明します。

HTTPステータスコードとは

簡単に言うとWebサーバーからのレスポンス状態を表す数字です。ブラウザからインターネット閲覧をするなどサーバーに情報をリクエストした際の、サーバーからのレスポンスにHTTPステータスコードが含まれます。

数字の種類

よく目にするのは404や503といった数字かと思いますが、HTTPステータスコードは100番台から500番台まで種類があります。百の桁ごとに意味があり、それぞれ以下のような分類となっています。

  • 100番台 リクエスト情報処理中
  • 200番台 リクエスト処理成功
  • 300番台 リダイレクト処理
  • 400番台 クライアントエラー
  • 500番台 サーバーエラー

100~300はエラーを表すものではないところがポイントです。

よく見るステータスコードについて

302 Found(Moved Temporarily)

情報の中身が一時的に移動していることを表します。サイトリニューアルなどで表示されることがあります。

401 Unauthorized

認証が必要というコードで、認証ダイアログのIDとパスワードを間違えたり、入力をキャンセルした際に表示されることがあります。

403 Forbidden

管理者以外アクセス不可の場所で表示されます。サーバー側で見えないように設定してある領域はこの表示が出ます。

404 Not Found

リクエストしたページが見つからない場合に返されるコードです。リンクURLのミスや、削除されたページへのアクセスなどで表示されます。

500 Internal Server Error

サーバ側の何らかのトラブルによってエラーを表すコードです。.htaccessの設定ミスやCGIの誤動作で表示されることがあるので、編集した際は確認をしてみましょう。

503 Service Unavailable

Webサーバの過負荷状態で一時的にWebページが表示できないときやサーバーメンテナンス時などに表示されます。

HTTPステータスコードは他にも多くの種類がありますが、それぞれ数字ごとに意味が定められています。特にエラーコードが表示された場合は数字の意味を調べることで、素早く適切に対処することができるでしょう。

最後に余談を一つ。

404エラーページをユーザーフレンドリーに

404エラーページが編集できる場合は、オリジナルの404ページを作ることが推奨されています。404ページからリンクを貼るなどすれば、探している情報の場所をユーザーに知らせたり、サイト内をさらに探すよう促したりできるからです。

SHARE

この記事の筆者

Web&Soundクリエイター 田村 培修

Web&Soundクリエイター 田村 培修

楽器とパソコンのキーボードを使い分ける当社のマルチクリエイター。e-sportsに興味津々であれこれ情報を収集中。

Archive

CONTACT

06-6537-9941
受付時間
9:00〜19:00
休日
土日祝日

株式会社ゼロワンアース
〒550-0012 大阪市西区立売堀2-5−41合田ビル6F

メールで問い合わせる

ホームページで成果をあげるには、
まず現状分析

反響のないホームページをあきらめていませんか?ホームページで成果をあげるためには、現状を分析し改善していく必要があります。大阪市西区の本社にて無料相談を受け付けておりますので、ホームページ制作のことでお悩みの方は上記CONTACTより、お問い合わせください。