Web制作

SSL対応は必須!2017年1月よりiOSアプリから接続されるWebページはHTTPSが絶対条件に

2016.06.16

2017.06.06

クレジットカードとスマホを持つ男性の手

Appleが毎年開催している開発者向けイベント「WWDC(Worldwide Developers’ Conference)」が6月13日よりスタートされましたが、その中のセキュリティプレゼンテーションにて、Web制作においても非常に重要な情報が明らかになりました。

iOSアプリ内で表示するWebページはHTTPSが必須に

Appleの発表によると、

App Storeのすべてのアプリが、App Transport Security(ATS)と呼ばれる重要なセキュリティ機能へ切り替えるべき締切日を明らかにした。それは、2017年の1月からだ。ATSは、AppleがiOSに導入した機能だ。ATSが有効になっていると、Webサービスに接続するアプリはHTTPでなくHTTPSを使わなければならない。

引用元:TechCrunch Japan
Webに接続するiOSアプリは2017年1月からHTTPSの使用が絶対条件になる、デベロッパーはご注意を

つまり、iOSアプリ内で表示されるWebページはHTTPSサイトにしかアクセスできず、HTTPサイトは2017年1月からはアクセスできなくなる可能性があります。これは、SSLを導入しセキュアな状態で保護されたWebページしか、iOSアプリ内では表示できなくなるということを意味します。

アプリ開発時に、HTTPSしかアクセスできない状況を回避するための設定を組み込む方法もあるようですが、HTTPSが推奨されていることは事実です。

SNSなどWebページと連携したアプリで多大な影響

iOSアプリ内のブラウジングとして代表的なものは、TwitterやFacebookなどのSNSアプリが挙げられます。

もし、HTTPS化がさらに進み、HTTPページが全く表示できない状況となると、このような事が起こります。

  1. あるWebページの記事をFacebookでシェアする。
  2. つながっている友人がその記事に興味を示し、アクセスする。
  3. あれ!?ページが表示されない???
  4. 仕方がない、見るのをあきらめるか…(残念)

(実はそのWebページはHTTPでした…)

なんてことになります。iOSのFacebookやTwitter・LINEなどのアプリは、2016年6月現在アプリ内でWebページをブラウジングするため、極端に言えばこのようなケースも起こりうるのです。

重大な機会損失

SNSにフォーカスを当てておりますが、SNSでシェアされたWebページにアクセスするユーザーは、一定の興味を持ったからアクセスしようとしますので、そのような優良ユーザーを逃してしまうことはサイト運営者にとっては痛い損失でしかありません。

SSLの必要性はもはやドメイン・サーバーと同等レベル!

Googleも、HTTPSとなったWebページを検索ランキング要素として優遇すると発表しています。また、今回の発表でSSLを導入するWebサイトはさらに増えていくと思われます。

HTTPSに対応していない事が不利になる状況は既に到来しています。SSLの必要性は、もはやWebサイトの運用にドメインとサーバーが必須なのと同等レベルで必須事項となってきています。

以前は導入にそれなりにコストがかかりましたが、最近は各レンタルサーバー会社でも比較的安価で導入が可能となってきています。(詳しくはご利用のサーバー会社にお問い合わせください)

SSL導入がまだであれば、早めのご検討を!

SHARE

この記事の筆者

Webアドバイザー 鈴木 亘

Webアドバイザー 鈴木 亘

Webの悩みをお客様の視点に立って一生懸命解決法を考える、Webアドバイザーの鈴木亘です。Webマーケティング初心者の方でも安心してご相談いただけるよう、わかりやすい戦略立案を心がけていますので、どんな些細な問題でもお気軽にご相談ください。

Archive

CONTACT

06-6537-9941
受付時間
9:00〜19:00
休日
土日祝日

株式会社ゼロワンアース
〒550-0012 大阪市西区立売堀2-5−41合田ビル6F

メールで問い合わせる

ホームページで成果をあげるには、
まず現状分析

反響のないホームページをあきらめていませんか?ホームページで成果をあげるためには、現状を分析し改善していく必要があります。大阪市西区の本社にて無料相談を受け付けておりますので、ホームページ制作のことでお悩みの方は上記CONTACTより、お問い合わせください。