Wordpress

WordPressの煩雑になったfunctions.phpを
外部ファイル化してメンテナンス性をあげる方法

2017.09.06

WordPressの煩雑になったfunctions.phpを外部ファイル化してメンテナンス性をあげる方法のアイキャッチ画像

WordPressは非常にカスタマイズがしやすく、当社でも最もよく使うCMSであり、お客様からのご要望が多いCMSです。
WordPressのカスタマイズは大きく分けるとプラグインを使用するカスタマイズとfunctions.phpに記述してカスタマイズする方法と二つあります。

当社も両方の方法を併用してカスタマイズしておりますが、functions.phpに記述するカスタマイズを続けていくとどうしてもソースコードが長くなってしまいます。

そこで役に立つのがfunctions.phpで外部ファイルを読み込む方法です。記述方法はいたってシンプル。以下をfunctions.phpに記述するだけです。

locate_template('lib/breadcrumbs.php', true); //パンくずリストの読み込み

例としてテーマフォルダにある「lib」ディレクトリにある「breadcrumbs.php」を読み込んでいます。locate_templateの使用方法については関数リファレンスをご確認いただければわかりやすいです。

パンくずリストは定番で使用し、ソースコードの記述が長くなりがちな部分ですので、外部化するのに適した部分です。
他にも追加したショートコードや、制作が始まった時に必ず設定しないといけない初期設定部分のみを外部化しておくことで機能の付け外しや設定漏れを防ぐことが可能になります。

参考にしてみてください。

SHARE

この記事の筆者

Webクリエイター 古川 徹朗

Webクリエイター 古川 徹朗

Webに関する様々な知識を身に付け、理論的な問題解決を常に目指す頭脳派クリエイター。

Archive

CONTACT

06-6537-9941
受付時間
9:00〜19:00
休日
土日祝日

株式会社ゼロワンアース
〒550-0012 大阪市西区立売堀2-5−41合田ビル6F

メールで問い合わせる

ホームページで成果をあげるには、
まず現状分析

反響のないホームページをあきらめていませんか?ホームページで成果をあげるためには、現状を分析し改善していく必要があります。大阪市西区の本社にて無料相談を受け付けておりますので、ホームページ制作のことでお悩みの方は上記CONTACTより、お問い合わせください。