Wordpress

wordpress独自のよく使う条件分岐タグ

2016.08.18

2017.07.26

パソコンを見て喜ぶ二人の子ども

wordpress環境でこそ役に立つ独自のタグ

wordpressには独自の条件分岐タグが多くあります。特定のページや投稿タイプを条件として指定するだけでなくその中から特定の記事だけを分岐させることもできるなど、使い方を知ると大変便利なタグです。
今回はその中でも使用頻度が高いであろう幾つかのタグについて紹介します。

is_front_page()

サイトのトップページが表示されているかどうか判定します。
サイトのキービジュアルなどトップページにのみ表示したいものに使います。

is_single()

投稿記事の詳細ページが表示されているかどうか判定します。
括弧内に記述を追加することで投稿IDやスラッグで記事を絞ることもできます。

is_page()

静的ページ、固定ページが表示されているかどうかを判定します。
is_single()と同じくページIDやスラッグで絞ることができます。

is_category()

投稿のカテゴリーページが表示されているかどうかを判定します。
追記部分に数字を入力することでカテゴリIDでの絞り込みを、またスラッグで絞ることもできます。

is_archive()

投稿の一覧ページ、アーカイブページが表示されているかどうかを判定します。
括弧内にパラメーターを指定して利用することはできません。

例えば上記のタグを利用してサイト内の見出しをコントロールした場合、if文などの一般的な条件分岐タグと組み合わせることで以下のように記述できます。

    <?php if ( is_front_page() ): ?>
      <h1>トップページ</h1>
    <?php elseif( is_single() ): ?>
      <h1>投稿ページ</h1>
    <?php elseif( is_page('company') ): ?>
      <h1>会社概要ページ</h1>
    <?php endif; ?>

トップページの場合は「トップページ」、投稿の詳細ページの場合は「投稿ページ」、companyという名前の固定ページの場合は「会社概要ページ」と表示する例文です。
一般的な条件分岐タグやwordpressのテンプレートタグと組み合わせることでもっと平易に各ページの見出しを設定することもできます。

うまく利用することで効率的なコーディングを実現することができるでしょう。

SHARE

この記事の筆者

Web&Soundクリエイター 田村 培修

Web&Soundクリエイター 田村 培修

楽器とパソコンのキーボードを使い分ける当社のマルチクリエイター。e-sportsに興味津々であれこれ情報を収集中。

Archive

CONTACT

06-6537-9941
受付時間
9:00〜19:00
休日
土日祝日

株式会社ゼロワンアース
〒550-0012 大阪市西区立売堀2-5−41合田ビル6F

メールで問い合わせる

ホームページで成果をあげるには、
まず現状分析

反響のないホームページをあきらめていませんか?ホームページで成果をあげるためには、現状を分析し改善していく必要があります。大阪市西区の本社にて無料相談を受け付けておりますので、ホームページ制作のことでお悩みの方は上記CONTACTより、お問い合わせください。