業務効率化

情報収集におすすめ!気になるWebページを保存して後から読めるPocket

2015.09.28

2017.05.30

分厚いバインダー

ネットで色々なWebサイトを閲覧している時に、「この情報は後でしっかり読みたい」と思ったことはありませんか? そんな時に便利なアプリ「Pcket」をご紹介します。

Pocketのおすすめポイント

  1. 後で読みたいWebページを保存
  2. 保存したWebページはオフラインでも閲覧可能
  3. 保存したページにタグを付けて情報整理
  4. PC・スマホなど、アカウントで連携して複数デバイスで閲覧

1.後で読みたいWebページを保存

Pcketのメイン機能は、何と言ってもネット上で気になったWebページを保存して、後から閲覧できるブックマーク機能です。ニュースサイトの記事はもちろん、Web上にアップされた画像を保存しておくこともできます。

また、スマートフォンのブラウザアプリやニュースアプリにはPocketに保存するメニューが実装されているものが多くあり、別のアプリとの連携性も高いです。

2.保存したWebページはオフラインでも閲覧可能

Pocketに保存しておいたWebページはオフラインでも閲覧できるという点も特徴の一つです。私は移動中の電車の中でスマホの電波圏外に入る前にあらかじめ読みたいWebページを保存しておき、電波圏外で保存したWebページを読むという使い方をしています。

3.保存したページにタグを付けて情報整理

保存したWebページが増えてくると、どうしても前に保存した記事が埋もれてしまい、読み漏らしたり「あの記事どこいった?」といった事態になってしまいます。しかし、Pocketは保存したWebページに「タグ」を付けることができるので、情報整理にも優れています。気に入ったニュース記事があれば「お気に入り」チェックもできるので、過去の記事もすぐに取り出すことができます。

4.PC・スマホなど、アカウントで連携して複数デバイスで閲覧

PocketはWebサービスになりますので、最初にアカウントを登録して使用します。保存したWebページやニュース記事の情報はそこに記録されていくので、スマホで保存したニュース記事を後からPCで見るといったデバイスを変えた使い方も可能です。

Pocketの使い方

まず最初にPocketのwebサイトにアクセスし、アカウントを登録します。

img035

https://getpocket.com/

アカウントはGoogleアカウントもしくは任意のメールアドレスで登録できます。登録が完了すれば、Pocetを利用することが可能になります。スマホで利用する際はPocketのスマホアプリをダウンロードし、登録したアカウント情報でログインします。

Pocketは無料でアカウント登録とほぼ全ての機能を利用することができます。
(定額制のPlemiumプランを申し込むと、検索機能やタグ機能の強化、Webページの永久保存機能などが使えるようになるようです。)

まとめ

Webページを保存しておけるアプリは他にもありますが、このPocketは保存した記事の整理のしやすさと外部アプリとの連携性から効率的に情報収集に役立てることができるので特におすすめです。

現代は情報があふれています。できるだけ有益な情報を漏らさずにピックアップするための参考にしてもらえれば幸いです。

SHARE

この記事の筆者

Webアドバイザー 鈴木 亘

Webアドバイザー 鈴木 亘

Webの悩みをお客様の視点に立って一生懸命解決法を考える、Webアドバイザーの鈴木亘です。Webマーケティング初心者の方でも安心してご相談いただけるよう、わかりやすい戦略立案を心がけていますので、どんな些細な問題でもお気軽にご相談ください。

Archive

CONTACT

06-6537-9941
受付時間
9:00〜19:00
休日
土日祝日

株式会社ゼロワンアース
〒550-0012 大阪市西区立売堀2-5−41合田ビル6F

メールで問い合わせる

ホームページで成果をあげるには、
まず現状分析

反響のないホームページをあきらめていませんか?ホームページで成果をあげるためには、現状を分析し改善していく必要があります。大阪市西区の本社にて無料相談を受け付けておりますので、ホームページ制作のことでお悩みの方は上記CONTACTより、お問い合わせください。