業務効率化

必ず使うアプリはスタートアップに登録!Windows10環境でスタートアップを設定する方法

2016.09.13

2017.05.23

パソコンと鉛筆

Windowsには、PCを活用する上で色々と便利な機能や設定があるにもかかわらず、その設定方法やメニューが判りにくいものがあります。 今回はその一つ、Windows10の環境でスタートアップにアプリケーションを登録設定する方法をご紹介します。

スタートアップとは?

PCの起動と同時に立ち上がるアプリケーションの登録のことを指します。「ウイルスバスター」などアンチウイルスソフトのように、PC起動と同時に立ち上がる必要のあるアプリはここに登録されます。

スタートアップへの登録は、上記のウイルスバスターのようにインストール時に自動で登録してくれるものもありますが、アプリケーションによっては自動ではなく、手動で登録が必要なものもあります。

Windows10でのスタートアップ登録方法

方法としては、Windowsの中にある「スタートアップ」というフォルダに、スタートアップさせたいアプリのショートカットを入れるだけです。

でも問題は、
「スタートアップ」というフォルダはどこにあるねん?
これが非常にわかりにくいのです。

そのため、手短に該当のフォルダまで移動するために、以下の手順をお試しください。

1.「ファイル名を指定して実行」を表示させる

「Windowsキー」 + 「Rキー」を同時に押すことで、「ファイル名を指定して実行」のボックスを表示させます。Windowsキーはキーボード左下のWindowsのロゴマークが刻印されたボタンです。

filejikko

2.スタートアップフォルダのルートを入力

以下の値を、ファイル名を指定して実行の「名前」のボックスにコピペして「OK」を選択します。

%USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

これで、Windowsの「スタートアップ」フォルダが表示されます。

3.登録したいアプリのショートカットを入れる

スタートアップのフォルダが表示されたら、ここにアプリの実行ファイルのショートカット(○○.exe – ショートカット)を入れます。

なお、アプリのショートカットを作成する方法は、該当ファイルを右クリックしてメニューから「ショートカットを作成」を選択すれば、ショートカットが作成されます。

これで設定は終わりです。次回PC起動時から、ここに登録されたアプリが自動で実行されるようになります。

スタートアップの登録のし過ぎには要注意

スタートアップに登録されているアプリが多いと、常駐アプリが増えることになりますので、PCの起動スピードやその後の動作にも影響してしまいます。PCの動作が遅いな?と感じるときには、スタートアップに登録しているファイルが多すぎないかをチェックするのも動作改善の一つになります。

是非、試されてみてはいかがでしょうか。

SHARE

この記事の筆者

Webアドバイザー 鈴木 亘

Webアドバイザー 鈴木 亘

Webの悩みをお客様の視点に立って一生懸命解決法を考える、Webアドバイザーの鈴木亘です。Webマーケティング初心者の方でも安心してご相談いただけるよう、わかりやすい戦略立案を心がけていますので、どんな些細な問題でもお気軽にご相談ください。

Archive

CONTACT

06-6537-9941
受付時間
9:00〜19:00
休日
土日祝日

株式会社ゼロワンアース
〒550-0012 大阪市西区立売堀2-5−41合田ビル6F

メールで問い合わせる

ホームページで成果をあげるには、
まず現状分析

反響のないホームページをあきらめていませんか?ホームページで成果をあげるためには、現状を分析し改善していく必要があります。大阪市西区の本社にて無料相談を受け付けておりますので、ホームページ制作のことでお悩みの方は上記CONTACTより、お問い合わせください。