Web制作

EC-CUBE3で採用されたテンプレートエンジンTWIGについて

2015.09.10

2017.05.23

小さなショッピングカート

2015年7月1日、日本で一番使われているECサイト構築オープンソースである「EC-CUBE」が、7年半ぶりとなるメジャーバージョンアップを行いました。

現時点では対応プラグインの数や情報も少なく、2015年10月下旬にリリース予定の3.0.4あたりまでは、様子見といった制作会社も多いのではないでしょうか。

個人的には2015年は動向を観察し、案件として導入するのは2016年に入ってからかなと考えています。

EC-CUBE3で何が変わったのか

現段階では公式サイトの機能一覧は2.13.xのままで3系はドキュメント準備中となっています。取り急ぎ特徴を見るために公式デモサイトを覗いてみたところ、標準でレスポンシブ仕様となっていたり、ファイル構造なども異なるため、2系とは別物として考えたほうがよさそうな印象です。

特にフロント部分を制作するときに使用するテンプレートエンジンが、SmartyではなくTWIGに変更されてることも大きな変化だといえます。

TWIGとは

これまでTWIGを扱う機会がなかったため、「TWIGってなに?」というところからのスタートです。

まずはTWIGオフィシャルサイトをのぞいてみました。

英語サイトだったので翻訳を信じてまとめると、

  • 「高速で安全で柔軟性があるテンプレートエンジン」

という事のようです。

さらに他のテンプレートエンジンよりも、

  • 簡潔に書ける
  • テンプレート思考構文
  • 機能が充実している
  • 構文はWEBデザイナーが理解できる難易度
  • エラーメッセージが詳細でデバックが容易
  • 高速

といった点が特徴のようです。Smartyはデバックしにくい印象があったため、TWIGで作業効率が上がることに期待できそうです。

現在はディレクション業務がメインのためコーディングを行う機会は少ないですが、ECサイトの相談を受けた際の知識として、EC-CUBE3とTWIGの動向はチェックしていきたいと思います。

SHARE

この記事の筆者

代表取締役 岡本 裕伸

代表取締役 岡本 裕伸

2004年にWeb業界に足を踏み入れ、デザイナー、コーダー、ディレクターを経験。近年ではWebコンサルタントとして経営戦略を絡めた提案や会社設立サポートなども行う。

Archive

CONTACT

06-6537-9941
受付時間
9:00〜19:00
休日
土日祝日

株式会社ゼロワンアース
〒550-0012 大阪市西区立売堀2-5−41合田ビル6F

メールで問い合わせる

ホームページで成果をあげるには、
まず現状分析

反響のないホームページをあきらめていませんか?ホームページで成果をあげるためには、現状を分析し改善していく必要があります。大阪市西区の本社にて無料相談を受け付けておりますので、ホームページ制作のことでお悩みの方は上記CONTACTより、お問い合わせください。