Web制作

日本のSSL対応率は世界に比べて低水準!
ホームページのセキュリティ意識を高める必要あり!

2017.10.16

世界的にSSL化はスタンダード傾向。しかし日本はまだまだ認知度向上が必要

ホームページのSSL対応は、情報漏えいリスクを抑えて安全性を高めることができます。また、安全性を示すSSLサーバ証明書が認証局から発行されるため、信頼性をアピールすることにもつながります。世界的にもセキュリティ意識が高まっている中、もはや対応しないデメリットの方が大きい状況です。

にもかかわらず、国内に目を向けると日本のSSL対応状況は海外と比較すると低水準にあり、危機を感じざるを得ません。

海外と比べて日本のhttps利用率は低水準

SSL対応されたページはhttps経由で通信がされますが、2017年9月のGoogleの集計によると、国別にChromeでhttps経由で読み込まれたページの割合データは、アメリカは約70%なのに対し、日本では約50%程度となっています。

10カ国の集計の中、日本はなんと最下位です。それだけセキュリティ意識が海外水準よりも低く、改善が急務であることがわかります。

SSL対応に関する認識のズレ

国内で政府の関連機関によるセキュリティ意識調査は頻繁に行われています。その中で、「フィッシング対策協議会」が9月に発表した「SSLサーバ証明書に関する事業者ならびに利用者向けアンケート」の調査報告によると、SSLを導入しない理由の回答結果が以下のような状況でした。

  • 費用が高い(44%)
  • 導入メリットがわからない(44%)
  • 必要なサイトではない(37.5%)

SSL対応は、確かに数年前は導入コストも高くてメリットも感じにくいものでしたが、近年では比較的低コストで導入ができるようになりました。しかし、一部でこの変化が十分に把握されておらず、導入に二の足を踏む企業がまだまだ多いようです。

SSL導入の必要性・認知度の向上が必要

今回は世界的なSSL化の状況をhttps通信の利用率の観点でデータを列挙しましたが、こういった状況を見ると、認知度を高めるための啓蒙活動を積極的に行う必要があると感じます。SSL導入の必要性については、以前当ブログでも記事をご紹介しましたので、ぜひご覧いただきたいと思います。

ホームページの運用で無視できない!SSL導入によるセキュリティ対策の必要性

今回の記事の出典元

SSL対応のことならご相談ください

06-6537-9941

受付時間9:00〜19:00休日土日祝日

株式会社ゼロワンアース
〒550-0012 大阪府大阪市西区立売堀2丁目5−41

SHARE

この記事の筆者

Webアドバイザー 鈴木 亘

Webアドバイザー 鈴木 亘

Webの悩みをお客様の視点に立って一生懸命解決法を考える、Webアドバイザーの鈴木亘です。Webマーケティング初心者の方でも安心してご相談いただけるよう、わかりやすい戦略立案を心がけていますので、どんな些細な問題でもお気軽にご相談ください。

Archive

CONTACT

06-6537-9941
受付時間
9:00〜19:00
休日
土日祝日

株式会社ゼロワンアース
〒550-0012 大阪市西区立売堀2-5−41合田ビル6F

メールで問い合わせる

ホームページで成果をあげるには、
まず現状分析

反響のないホームページをあきらめていませんか?ホームページで成果をあげるためには、現状を分析し改善していく必要があります。大阪市西区の本社にて無料相談を受け付けておりますので、ホームページ制作のことでお悩みの方は上記CONTACTより、お問い合わせください。