Web制作

知らないと危険! Webサイトで使用する写真やイラストの落とし穴

2015.12.22

2017.05.18

メモを取る女子大生

Webサイト制作の仕事をしていると、ページ作成のためにお客様に写真やイラストをご用意してもらうことがよくあります。最近はフリーで提供してくれる素材サイトもありますので、欲しいイメージに近い画像素材を入手することはかなり簡単になりました。

しかし、簡単に入手できるようになったからこそ、「所有権」「著作権」を意識する必要があります。

他人のものを勝手に使うのは違法

たとえば、画像検索をして出てきたWebサイトにたまたまイメージに近い画像が見つかったので、それをダウンロードして入手したものを自社のWebサイトに利用した…というケースであれば、たいていの場合、入手元のWebサイトの利用規約に抵触してしまいます。発覚すれば無断転用をしたとして、著作権法などに引っかかり、罪に問われる可能性があります。

素材サイトの物は利用規約を確認する

フリー素材サイトから画像を入手した場合でも注意が必要です。
「フリー」とは、「何をしてもフリー」という意味ではありません。たいていの場合、フリー素材サイトには「利用規約」が存在し素材利用に関するルールが設けられています。さらに、フリー素材サイトによって利用規約の内容は異なりますので、フリー素材サイトの画像を使うのであれば、そのサイトの「利用規約」を十分に目を通すべきです。

有料の素材サイトから入手した素材も、同じく利用規約があります。「有料だから何をしてもOK」とは言えませんので注意してください。

使用する画像が問題無いかを常に意識

ネット上に公開されている写真や素材は簡単にダウンロードして入手できてしまうため、「拾った」という感覚に陥りがちです。しかし、ネット上とは言え他人の物には所有権や著作権が存在し、勝手に自分の物として一般公開することは違法行為となってしまいます。いくら悪気が無くても「知らなかった」では済まされない事態となります。

画像や素材を自社のWebサイトに使用する際は、その画像の使い方や利用目的と合わせて問題が無いか、常に意識することをおすすめします。

SHARE

この記事の筆者

Webアドバイザー 鈴木 亘

Webアドバイザー 鈴木 亘

Webの悩みをお客様の視点に立って一生懸命解決法を考える、Webアドバイザーの鈴木亘です。Webマーケティング初心者の方でも安心してご相談いただけるよう、わかりやすい戦略立案を心がけていますので、どんな些細な問題でもお気軽にご相談ください。

Archive

CONTACT

06-6537-9941
受付時間
9:00〜19:00
休日
土日祝日

株式会社ゼロワンアース
〒550-0012 大阪市西区立売堀2-5−41合田ビル6F

メールで問い合わせる

ホームページで成果をあげるには、
まず現状分析

反響のないホームページをあきらめていませんか?ホームページで成果をあげるためには、現状を分析し改善していく必要があります。大阪市西区の本社にて無料相談を受け付けておりますので、ホームページ制作のことでお悩みの方は上記CONTACTより、お問い合わせください。