中小企業-経営戦略

【戦略ツール】VRIO分析の基礎

2016.02.12

2017.05.24

ボーダーシャツの女の子

経営戦略や事業計画を策定する際に使える定番ツールをご紹介いたします。これらツールは単体で使えるものや組み合わせて使うと良いものなどが存在します。今回のVRIO分析はバリューチェーンとセットで使用されることが多いです。

VRIO分析のフレームワークとは

以下の4つの問いかけを行い企業の経営資源やケイパビリティ(組織能力)が強みか弱みかを判断するためのフレームワークとなります。

  1. Value(経営資源の価値があるか)
  2. Rarity(Rareness)(希少か)
  3. Imitability(模倣困難性・模倣コスト)
  4. Organization(組織体制が適切か)

これらの頭文字をとってVRIOとなります。(読み方は「ブリオ」)

分析方法

VRIOの4つの視点を使用し全てが強みであればそれは、持続可能で固有のコアコンピタンス(中核的能力)となります。また弱みの部分がわかればそれをどのように補うのか対策を考える必要があります。

バリューチェーンと併用する場合は、バリューチェーンの主活動や支援活動の機能1つ1つに対してVRIO分析を行います。これによりどの機能がマージンに貢献していてどの機能が問題なのかといった、事業戦略の有効性や改善の方向性を探ることが可能となります。

SHARE

この記事の筆者

代表取締役 岡本 裕伸

代表取締役 岡本 裕伸

2004年にWeb業界に足を踏み入れ、デザイナー、コーダー、ディレクターを経験。近年ではWebコンサルタントとして経営戦略を絡めた提案や会社設立サポートなども行う。

Archive

CONTACT

06-6537-9941
受付時間
9:00〜19:00
休日
土日祝日

株式会社ゼロワンアース
〒550-0012 大阪市西区立売堀2-5−41合田ビル6F

メールで問い合わせる

ホームページで成果をあげるには、
まず現状分析

反響のないホームページをあきらめていませんか?ホームページで成果をあげるためには、現状を分析し改善していく必要があります。大阪市西区の本社にて無料相談を受け付けておりますので、ホームページ制作のことでお悩みの方は上記CONTACTより、お問い合わせください。