クリエイティブ

デザインと料理は似ている

2017.03.01

2017.05.29

肉じゃが定食

我が家では家事分担制を採用しています。ちなみに私は料理担当です。料理を毎日作るのは大変です。献立を考え、栄養のバランスを考えながら相手の食べたい物の要望にも応える…。

あれ?これってデザインと似てない?

1.食べたい物のリクエストを聞く

クライアントにどんな「方向性にしたいのか」ヒアリングします。どんな考えでどんなことを訴求したいのか。色は?コンテンツはどんな流れにするの?とか。

ちなみにヒアリングしていて一番困るのは「特にないんでおまかせで!」。

これ、一番困ります。「食べたい物ある?」「うーん、特に無い」まさにこれです!

2.材料を揃える

方向性が決まれば後はどんなデザインにするのか考え、必要な素材を考え揃えます。ときにはクライアントに「必要な素材を提供してもらう」こともあります。

素材が豊富にあると無いでは、デザインの質が段違いで違ってくるのも料理と似ていますね!

3.調理する

素材が揃ったらいよいよ実作業に入ります。あーでもないこーでもないをひたすら繰り返すときもあれば、するするっと進んでいくこともある。

一番手間のかかる作業ですが、やりがいのある作業でもあります。

4.食べてもらう

クライアントにデザインを見てもらいます。ドキドキする瞬間です。コンセプトや経緯を伝えながら相手の反応を伺います。OK!とすんなり行ってくれることを祈ります。

最後に

デザインも料理も、最後は「喜んでもらう」ってところが一番大事ですね。色々な共通点を見つけ、料理もデザインも頑張ろう!と思う筆者でした。

SHARE

この記事の筆者

デザイナー 芳村 明文

デザイナー 芳村 明文

カテゴライズしたらきっとデザイナーのはず。音楽(洋楽をジャンル問わず雑多に貪る)、欧米テレビドラマ(シットコム)が好き。時々バンド活動。

Archive

CONTACT

06-6537-9941
受付時間
9:00〜19:00
休日
土日祝日

株式会社ゼロワンアース
〒550-0012 大阪市西区立売堀2-5−41合田ビル6F

メールで問い合わせる

ホームページで成果をあげるには、
まず現状分析

反響のないホームページをあきらめていませんか?ホームページで成果をあげるためには、現状を分析し改善していく必要があります。大阪市西区の本社にて無料相談を受け付けておりますので、ホームページ制作のことでお悩みの方は上記CONTACTより、お問い合わせください。