2016.09.29

2017.05.15

Web制作

FTPとFTPSの違いについて今こそ確認してみた

本を手にする赤ちゃん

ファイルの送受信の際、当たり前のように利用しているFTPですが、よりセキュアな通信プロトコルとしてFTPSへの移行が主流になっています。
サーバー環境によって対応がされていないこともある通信プロトコルですが、FTPとどういった違いがあるのでしょうか。
今回はそれぞれについて基本情報をまとめてみました。

FTPとは

FTPとはファイル転送プロトコルのことで、「File Transfer Protocol」のイニシャルを略したものです。ネットワークでファイルの転送を行うための通信プロトコルの1つで、ファイルをPCとサーバーの間でやり取りする際の決まりごとのようなものです。

FTPソフトを使うことで

  • サーバーにアップされたファイルの一覧をみる
  • ファイルをサーバーにアップロード、ダウンロードする

以上の2点を行うことができます。
WEBページを公開するときに主に使用され、制作したHTMLファイルや画像データをサーバーにアップロードしたり、WEBページの更新をする際にFTPは利用されています。

データの送受信に使われているFTPですが、パスワードや認証情報などが暗号化されることなく、そのままの状態で通信を行われています。

FTPSとは

FTPS(File Transfer Protocol over SSL/TLS)の略で、FTPで送受信するデータを、「SSL/TLS」で暗号化するプロトコルを有しています。
暗号化された通信路を利用することで、ファイル転送を安全に行うことができ、SSL証明書を利用した安全な接続を行うことができます。

ただしFTPSを利用する際は、データを転送するサーバーと、転送の際に利用するFTPソフトが、ともにFTPSに対応している環境でなければいけません。

FTPSの2種類の暗号化モード

FTPSにはExplicitとImplicitという2種類の暗号化モードがあります。

Explicit (エクスプリシット / 明示的な・はっきりと)

FTPサーバーに接続後、クライアント側でAUTHコマンドを実行すると通信が暗号化されます。FTPに代わってFTPSが21番ポートを使いFTPES (FTP over Explicit SSL) とも呼びます。

Implicit (インプリシット / 暗黙的な・含まれている)

FTPサーバーに接続した時点で暗号化がされます。990番ポートを使います。

残念ながらサーバーによっては対応されていない環境もまだあるようですが、セキュリティを考えると利用しない理由がないセキュアなFTP通信。
クライアントにWEBページリニューアルの提案をするついでに、サーバー移行もあわせていかがでしょう?

SHARE

この記事の筆者

Web&Soundクリエイター 田村 培修

Web&Soundクリエイター 田村 培修

楽器とパソコンのキーボードを使い分ける当社のマルチクリエイター。e-sportsに興味津々であれこれ情報を収集中。

WEBSITE DESIGN REQUEST

ホームページ制作・リニューアルの
ご相談はお気軽に

TEL 06-6537-9941 平日 9:00〜19:00

〒550-0012 大阪府大阪市西区立売堀2-5−41

ホームページ制作を相談する