Webマーケティング

GoogleがFlash広告を全面廃止し、すべての広告をHTML5ベースにすると発表

2016.02.17

2017.05.24

美しい手をした男性

Googleは、Webブラウザ上に表示されるGoogleディスプレイ広告でFlashを用いた広告表示を全面廃止し、すべての広告をHTML5形式へ完全移行すると発表しました。

2015年2月頃より、GoogleはWebブラウザ上のFlash表示広告はHTML5形式に自動変換する機能を導入していましたが、ついにFlash広告のAdWordsへのアップロード自体が出来なくなるようです。

Googleのディスプレイ広告は、100%のHTML5に切り替えます。

※上記は Google AdWords のGoogle+アカウントからの報告内容です。

廃止に向けたスケジュール

2016年の6月30日より、AdWordsにFlash広告をアップロード出来なくなり、2017年1月からGoogleディスプレイネットワークにFlash広告が表示自体がされなくなります。

正式な廃止までにはまだ期間がありますので、Googleはその間に広告主へFlash広告をHTML5形式へ切り替えるよう呼びかけております。

Flash廃止の流れとなる理由

Flash広告を含む、FlashコンテンツがGoogleより廃止になる理由としては、大きく2つが挙げられます。

  • より多くの端末に対応できるようにし、より多くのユーザーへ情報提供するため
  • ユーザーへ快適なコンテンツ表示を提供するため

早めの切り替えを

Web広告の展開は、閲覧しているあらゆるユーザーに対し快適なアプローチをする事が最優先です。Googleもその観点から今回の措置を取っていると予想できます。

まだスケジュールに猶予があるとは言え、Flash広告を使った展開をされている方はGoogleの呼びかけ通りに早めにHTML5形式か静止画に切り替えていくことをオススメします。

SHARE

この記事の筆者

Webアドバイザー 鈴木 亘

Webアドバイザー 鈴木 亘

Webの悩みをお客様の視点に立って一生懸命解決法を考える、Webアドバイザーの鈴木亘です。Webマーケティング初心者の方でも安心してご相談いただけるよう、わかりやすい戦略立案を心がけていますので、どんな些細な問題でもお気軽にご相談ください。

Archive

CONTACT

06-6537-9941
受付時間
9:00〜19:00
休日
土日祝日

株式会社ゼロワンアース
〒550-0012 大阪市西区立売堀2-5−41合田ビル6F

メールで問い合わせる

ホームページで成果をあげるには、
まず現状分析

反響のないホームページをあきらめていませんか?ホームページで成果をあげるためには、現状を分析し改善していく必要があります。大阪市西区の本社にて無料相談を受け付けておりますので、ホームページ制作のことでお悩みの方は上記CONTACTより、お問い合わせください。