Webマーケティング

Webサイトの現状把握にはGoogleアナリティクス

2015.09.15

2017.05.23

闇に浮かび上がる大仏

Googleアナリティクスは、ユーザーのWebサイトアクセス状況が分析できる便利なツールです。分析する目的を定めて使用方法を理解することで、Webサイトの改善をより効率的に進めることができますので、是非活用してください。

Googleアナリティクスとは何をするためのツールか

Webサイトのユーザーアクセス動向から、Webサイトの強みや改善ポイントを数値から分析するためのツールです。

Googleアナリティクスを導入する目的

  1. 今の状態(数値)を知る、理解する
  2. PDCA(戦略)を回すための準備
  3. 異常な数値(アラート)を知る、見つける

Googleアナリティクスでできること

  1. 流入の分析
  2. ページの状態分析
  3. ユーザー(ペルソナ)の分析
  4. 成果の分析
  5. リアルタイムの分析

GoogleアナリティクスはWebサイトの今を知るためのツール

Googleアナリティクスは様々な数値を集計してくれますが、その数値をただ眺めるだけのものではありません。例えば、異常な流入数値があった場合、ポジティブ・ネガティブ双方の視点から、

  • リンク元(リファラー)が何をした?してくれたか?
  • SNSやブログで拡散されたのか?
  • スパムの介入、Googleアナリティクスのバグか?

示された数値をできる限り踏み込んだ仮説を立てて、その「理由」を分析することに役立てるツールです。

Googleアナリティクスを使いこなすには

Googleアナリティクスは設定・フィルタ機能を駆使して様々な数値を分析することができますが、アップデートが頻繁に行われるため、一度に全ての仕様を覚えきれるものではありません。いろいろ試行を繰り返して知識を高めていくものです。

「この数字はなに?なぜ?」

それを解明するためにカスタマイズ設定を“試す”ことが仕様を覚える近道となります。

記事内のGoogleアナリティクスに関する用語

リファラー

あるWebページのリンクをクリックして別のページに遷移したときの、リンク元ページのこと

流入

何らかの方法でそのページに訪問した、ユーザー全体のこと

リアルタイムの分析

Webサイトの、今現在起きていることをリアルタイムに表示させるGoogleアナリティクスの機能の一つ

SHARE

この記事の筆者

Webアドバイザー 鈴木 亘

Webアドバイザー 鈴木 亘

Webの悩みをお客様の視点に立って一生懸命解決法を考える、Webアドバイザーの鈴木亘です。Webマーケティング初心者の方でも安心してご相談いただけるよう、わかりやすい戦略立案を心がけていますので、どんな些細な問題でもお気軽にご相談ください。

Archive

CONTACT

06-6537-9941
受付時間
9:00〜19:00
休日
土日祝日

株式会社ゼロワンアース
〒550-0012 大阪市西区立売堀2-5−41合田ビル6F

メールで問い合わせる

ホームページで成果をあげるには、
まず現状分析

反響のないホームページをあきらめていませんか?ホームページで成果をあげるためには、現状を分析し改善していく必要があります。大阪市西区の本社にて無料相談を受け付けておりますので、ホームページ制作のことでお悩みの方は上記CONTACTより、お問い合わせください。