2016.03.24

2017.05.16

Webマーケティング

Googleのモバイルフレンドリー化推進による動向の現状まとめ

活発なディスカッション

2016年に入ってからこの3ヶ月の間、Googleモバイル検索結果の表示変更や検索アルゴリズムに関する発表が続き、Googleが進めるモバイルフレンドリー化の動きが特に活発でした。

そこで、今年に入ってからのGoogleのモバイルに対しての動きをまとめていきます。

PC検索結果の右側にある広告表示を廃止

2月20日頃より、PC検索結果の右側にあったAdWordsの広告表示が徐々に廃止されていきました。

これにより、検索結果の表示がよりモバイルの検索結果の状態に近いものとなってきました。検索ユーザーのモバイルシフトの流れから、検索体験をモバイルに合せてきた結果と予測できます。

現状では、「PLA広告(Product Listing Ads)」と「ナレッジパネル」は右側に残ります。

GoogleがPC検索結果右側にある広告の表示を廃止

検索結果1ページ内に表示される広告表示数が減少

右側の広告表示廃止と共に、検索結果1ページあたりに表示される広告の数が11から最大7までに減少されました。

上位広告表示数の変化

自然検索の上位に表示されていた広告は、“非常に商業的な検索クエリ”の場合4つ表示されます。
明確な定義は明らかにされていませんが、「何かを購入する意図が含まれている」とみなされた検索クエリがこれに該当するようです。

たとえば、「USBメモリ」や「自動車保険」と検索した時、広告が4つ表示されたことを確認しています。

モバイル検索結果にAMP対応表示が実装

2月24日以降、モバイルページ高速表示のAMP(Accelerated Mobile Pages)に対応したWebサイトが、検索結果に表示されるようになりました。ニュース系の検索クエリで目にすることがあり、検索結果はカルーセル仕様で表示され「AMP」の表示が付与されます。

2月24日よりモバイルのGoogle検索結果にAMP対応ページの表示が実装

今のところAMPは検索ランキングには影響しない

Googleは今のところ、AMP対応自体が検索ランキングには影響しないと発表していますが、Googleが推進するモバイルフレンドリープロジェクトとして、今後さらに変更される可能性は秘めています。

現時点ではAMP対応が検索結果には影響しないとGoogleがコメント

モバイル検索のアルゴリズムを5月に強化

3月17日にGoogleによる発表で、5月にモバイル検索のアルゴリズムをアップデートするという予告がありました。モバイル対策がなされていないWebサイトの、モバイル検索結果に大きな影響を及ぼすとのことですが、既になんらかの対策が施されたWebサイトに対しては影響しないようです。

Googleが5月にモバイルフレンドリー強化のアルゴリズムアップデートを行うと発表

徐々にかつ確実にモバイルシフト化は進んでいる

今年に入ってから、大きな発表や機能の実装が続いたため動きの大きさが顕著に見られますが、Googleとしては以前から検証や試験導入を繰り返し、着実にモバイルシフトプロジェクトを推し進めていました。

何よりも、ユーザーのモバイル化の流れが非常に速いため、Googleのとしては当然の動きと言えるかもしれません。そのため、コンテンツ(情報)を提供するWebサイトとしても、ユーザーフレンドリーを考えるのであれば、モバイルへの対応は必須と言えます。

モバイル対応ならゼロワンアースにお気軽にご相談ください

06-6537-9941
受付時間 10:00〜19:00

メールで相談する

SHARE

この記事の筆者

Webアドバイザー 鈴木 亘

Webアドバイザー 鈴木 亘

Webの悩みをお客様の視点に立って考える、Webアドバイザー&フリー素材モデルの鈴木亘です。Webマーケティング初心者の方にもわかりやすい戦略立案を心がけています。大阪でホームページ制作をご検討の方、薄毛素材をお求めの方、お気軽にご相談ください。

WEBSITE DESIGN REQUEST

ホームページ制作・リニューアルの
ご相談はお気軽に

TEL 06-6537-9941 平日 9:00〜19:00

〒550-0012 大阪府大阪市西区立売堀2-5−41

ホームページ制作を相談する