クリエイターの日常

大阪市西区を放浪する
中華探訪記「中華食堂チリレンゲ」

2017.08.24

大阪市西区を放浪する 中華探訪記「中華食堂チリレンゲ」のアイキャッチ画像

ビジネスマン、若年ファミリー層からお年寄りまで、多種多様な人々が集う街、大阪市西区。

そんな大阪市西区には、大人気の中華料理屋さんがあるのはご存知でしょうか。

今回は立売堀にある「中華食堂チリレンゲ」さんへ行ってきました。

ランチ時は行列必至、麻婆豆腐が絶品の超有名店

場所は「阿波座駅」から徒歩10分くらい。近くにパワースポットで有名なサムハラ神社があります。

ここのご主人、大阪市の福島にある「中国菜オイル」さんのご主人の元で修行された方とのこと。私、よくチリレンゲさんを利用しておりまして、ハマっていたときは週一ペース(今はダイエット中なので月一で 笑)で行ってました。

ランチメニューは日替わり含めた4種類

レギュラーメニューは「中華丼」「五目チャーハン」「麻婆豆腐」「日替わり(私の訪問時は青菜と卵炒めでした)」の4種類。しかしお客様の9割は「麻婆豆腐」を注文されています。

店内はカウンター6席、テーブル3席(4人掛け)と小さなお店。料理をするのはご主人のみ。スタッフも一人もしくは二人くらい。なので混雑時は調理に時間がかかる&行列店なので相席もあります。気長に待ちましょう。

チリレンゲさんの麻婆豆腐を食べると、他の麻婆豆腐は食べれない!

今回は…というか、今回も食べたのは麻婆豆腐ランチ900円。

見た目凄く辛そうですが、いわゆるラー油的な辛さは控えめ(辛いもの好きな当方基準)。一口食べると広がるのはひき肉の旨味。後に山椒油がピリッと刺激します。食べ進めると、豆腐のトロリとした食感に白ネギとサンミャオ(葉にんにく)?の歯ごたえ…。時々ふわっと香る豆板醤やトウチーがさらに食欲を…。

いやあ、ご飯がすすみます。最強です。

いわゆる四川麻婆豆腐なのでしょうが、なんだろ。今まで食べてきた麻婆豆腐は何だったんだ…というくらいの衝撃。

家庭の麻婆豆腐とは次元が違います。いや、比べるのがお馬鹿さんです。神戸、横浜の中華街でも食べたこと無い…。初めて食べたときはそれくらいの衝撃でした。

一心不乱に食べ進めたとき、一旦落ち着けるための「ジャスミン茶」が口の中をリセットしてくれます。山椒油のせいでしょうか、ジャスミン茶が凄く甘く感じます。

リセットされたらまた麻婆豆腐→ご飯→スープ→麻婆豆腐→ご飯→小鉢…。だめです。ご飯が足りません(笑)

格闘ゲームでこんなコンボ決められたらコントローラー投げてしまいます。

凄まじい満足度 すぐまた食べたくなる

非常に中毒性が高く、しばらくするとまた食べたくなる。チリレンゲさんが職場の近くにあることを、近くのサムハラ神社に行って毎回感謝したいくらいの美味しさ。

いやあ、はまりましたホント。ご主人が修行されたという福島の「中国菜オイル」さんも絶対行ってみよう。

夜も麻婆豆腐(よだれ鶏も絶品)は食べることができますので、大阪市西区に起こしの際は是非一度足を運んでみて下さい。

SHARE

この記事の筆者

デザイナー 芳村 明文

デザイナー 芳村 明文

カテゴライズしたらきっとデザイナーのはず。音楽(洋楽をジャンル問わず雑多に貪る)、欧米テレビドラマ(シットコム)が好き。時々バンド活動。

Archive

CONTACT

06-6537-9941
受付時間
9:00〜19:00
休日
土日祝日

株式会社ゼロワンアース
〒550-0012 大阪市西区立売堀2-5−41合田ビル6F

メールで問い合わせる

ホームページで成果をあげるには、
まず現状分析

反響のないホームページをあきらめていませんか?ホームページで成果をあげるためには、現状を分析し改善していく必要があります。大阪市西区の本社にて無料相談を受け付けておりますので、ホームページ制作のことでお悩みの方は上記CONTACTより、お問い合わせください。