クリエイターの日常

大文字や特殊文字のパスワードは意味がない?!
今後パスワードの概念は変わるのか

2017.08.17

大文字や特殊文字のパスワードは意味がない?!今後パスワードの概念は変わるのかのアイキャッチ画像

先日こんな記事を見つけました。

記事によれば「小文字に大文字、数字や特殊文字などを含める」という、安全だと言われていたパスワードを作成するためのガイドラインが失敗だったというのです。草案されたアメリカ国立標準技術研究所の元マネージャー、ビル・バーさんは「パスワードがどのように働くのかあまりわかっていなかった」とのこと…。

さらに記事では…

ビルさんの見解は間違っていません。ある単純な計算によれば、パスワードは覚えやすい単語を並べた長いものよりも、おかしな文字の羅列で短いもののほうが破られやすいんだとか。NASAの元ロボット研究者によるサイトXKCDに掲載されたコミックでは、コンピューターがパスワードを推測するのにかかる時間は、意味をなさないランダムな文字列だとおよそ3日なのに対し、4つの単純な単語を並べたものだと550年もかかると描かれています。

どういうこっちゃねん…。今まで苦労してパスワードを設定してきたのに…。

一度染み付いたものを変えるのには時間がかかる

かと言って草案から14年近く社会で当たり前のように行われてきた「習慣」がすぐに変わるかというと難しいですね…。

新しい慣習が根付くのには時間がかかりそうですが、またパスワードの概念が変わりそうです。

SHARE

この記事の筆者

デザイナー 芳村 明文

デザイナー 芳村 明文

カテゴライズしたらきっとデザイナーのはず。音楽(洋楽をジャンル問わず雑多に貪る)、欧米テレビドラマ(シットコム)が好き。時々バンド活動。

Archive

CONTACT

06-6537-9941
受付時間
9:00〜19:00
休日
土日祝日

株式会社ゼロワンアース
〒550-0012 大阪市西区立売堀2-5−41合田ビル6F

メールで問い合わせる

ホームページで成果をあげるには、
まず現状分析

反響のないホームページをあきらめていませんか?ホームページで成果をあげるためには、現状を分析し改善していく必要があります。大阪市西区の本社にて無料相談を受け付けておりますので、ホームページ制作のことでお悩みの方は上記CONTACTより、お問い合わせください。