クリエイターの日常

大阪市西区を放浪する
ラーメン探訪記「ヌードルヤ MEーCHAーKUーCHA」

2017.07.13

大阪市西区を放浪する ラーメン探訪記「ヌードルヤ MEーCHAーKUーCHA」のアイキャッチ画像

ビジネスマン、若年ファミリー層からお年寄りまで、多種多様な人々が集う街、大阪市西区。そんな大阪市西区には、色んな特徴のあるラーメンのお店があるのはご存知でしょうか。

今回は「ヌードルヤ MEーCHAーKUーCHA」さんへ行ってきました。

“めちゃくちゃ”じゃないよ“めーちゃーくーちゃ”

この某ド◯ゴンボールの主題歌(CHA-LA HEAD-CHA-LA)みたいな店名が特徴のお店。「めちゃくちゃ」じゃなくて「めーちゃーくーちゃ」だそうです(笑)

外観、内観ともとてもラーメン屋には見えません。おしゃれなカフェのようなお店。女性でも気軽に入りやすい感じです。

お店の場所は「西大橋駅」と「西長堀駅」の真ん中くらいでしょうか。マンションが何件か並ぶ人通りの少ない場所にあるため、分かりづらいかもしれません。

実は10回くらい訪問して食べることが出来たのは3回。どうもタイミングが合わなかったのですが、久しぶりに訪問できました。

ラーメンは個性的でちょっと変わってます

ここのお店、メニューがちょくちょく変わります。私が前回訪問したときは豚骨系の醤油ラーメンがあったのですが、今回ありませんでした。

「すだち醤油ラーメン(700円)」と「トムヤムヌードル(850円)」はずっとあるので、レギュラーメニューはこの2種類のようです。

上記の写真は「すだち醤油ラーメン」。爽やかなすだちの香りと、さっぱりとした醤油のきいたスープ(彩りもキレイなのでインスタ映えするかも(笑))が食欲をそそります。

私が訪問したときは「ポルチーニ茸の塩そば(850円)」や「担仔麺(850円)」、季節が夏なのか「冷やしトムヤムヌードル(900円)」なるメニューがありました。

ラーメン以外にもチャーシュー丼(350円)などのサイドメニューもけっこうあります。

季節、時期によってメニューが変わるようなので、色んなメニューを楽しめそうですね。

トムヤムヌードルが出来たきっかけはあの某カッ◯ヌードル?!

今回私が食べたのは「トムヤムヌードル」。トムヤムヌードルを食べるのは今回2度目です。

スープを飲むと口の中に広がるのはレモングラスの酸味。酸味といってもそこまでキツくはなく、あくまでアクセントといった感じ。

その後にくるのはココナッツミルクのほんのり甘く、クリーミーな感じ。本場のトムヤムクンは「プリッキーヌ」という青唐辛子を入れるらしいのですが、辛味はほとんどありません。ナンプラーは入ってない感じなので、トムヤムクンぽさは控えめ。その名の通り、ラーメンというより「ヌードル」という印象。

麺は国産の小麦ときな粉を使った自家製麺。きな粉?!て感じですが、きな粉の香りはありません。食感は歯切れが良く、つるつると食べやすい。

アクセントになっているのは、最近ブーム?になってるパクチーと、大きく刻まれた紫玉ねぎ。麺と一緒に食べるとパクチーの香りがほんのり口の中に広がり、後から紫玉ねぎの辛味がきます。

ちなみに以前食べた時、セロリのような香りがし「あれ?私が知ってるパクチーじゃない!正直苦手だったけどこれはいける!」思いマスターに伺った所、自家栽培されてるとお伺いしたのですが、今回マスターに伺うと、自家栽培はお止めになられていて、農家の方から購入されているとのこと。

パクチーは二毛作が難しいらしく(初めて知った!)品質にバラつきある(今回はパクチー独特の匂いがちょっとしました)と仰っておられました。

といってもいわゆる本格的なタイ料理屋さんで出て来るくせの強いパクチーではなく、ほんのり香る感じで「パクチー苦手だけどちょっと試してみたい!」というパクチー初心者の方にはいいかもしれません。

ちなみに以前、なぜトムヤムヌードルをお作りになったのかお伺いしたところ「◯清のトムヤムクンヌードル美味しいでしょ?あれに影響受けて作ったんです」とのこと(笑)

そう言われると、確かにあのヌードルに近いです(笑)

エスニックから和、洋まで、幅広いメニューは色々試したくなる

トムヤムヌードルに関しては、パクチー苦手な人はちょっとキツイかもしれませんが、東南アジア系の料理が好きな方や某カップヌードルが好きな方(笑)には、すんなり受け入れやすいと思います。個人的には「ライム」を絞ったり、もうすこし青唐辛子的な辛さがグッと来てほしかった感じです。

和を取り入れたり、洋を取り入れたりと、ちょくちょくメニューが変わるので、再来店率は上がりそうですね。

ちょっと尖った感覚とユニークな冒険心を持ったお店。次回は違うラーメンを試してみたい、そんな気にさせるお店でした。

大阪市西区に起こしの際は、是非一度足を運んでみて下さい。

SHARE

この記事の筆者

デザイナー 芳村 明文

デザイナー 芳村 明文

カテゴライズしたらきっとデザイナーのはず。音楽(洋楽をジャンル問わず雑多に貪る)、欧米テレビドラマ(シットコム)が好き。時々バンド活動。

Archive

CONTACT

06-6537-9941
受付時間
9:00〜19:00
休日
土日祝日

株式会社ゼロワンアース
〒550-0012 大阪市西区立売堀2-5−41合田ビル6F

メールで問い合わせる

ホームページで成果をあげるには、
まず現状分析

反響のないホームページをあきらめていませんか?ホームページで成果をあげるためには、現状を分析し改善していく必要があります。大阪市西区の本社にて無料相談を受け付けておりますので、ホームページ制作のことでお悩みの方は上記CONTACTより、お問い合わせください。