クリエイターの日常

ブラックフライデーは日本に定着するのか

ブラックフライデーは日本に定着するのか

日本ではまだ馴染みが薄いですがネットショッピングの利用機会が増えたことで名前を聞いたことがある人も増えたのではないでしょうか。

ブラックフライデーとは11月第4週の木曜日に行われるアメリカの感謝際の翌日の金曜日のことで、感謝際のプレゼントの売れ残りを大特価で販売する一掃セールの日なのですが、近年では単純に大セールの日という認識になっています。

他にも「サイバーマンデー」というのもあり、こちらは感謝祭の翌月曜日のことでアメリカではオンラインショップなどで大々的にセールを行う日として定着しています。

ちなみに「ブラックフライデー」や「サイバーマンデー」はクリスマス商戦(ホリデーシーズン)の開始日と位置づけられています。

海外ソフトなどは格安・無料で手にすることも

当社は音楽制作も行っているのですが、 音楽制作で使用するソフトやプラグインをこの時期は無料で配布していたり、高額商品が90%OFFといった大幅値下げも珍しくないため毎年欠かさず情報をチェックしています。

その他アプリやゲームといったジャンルでも恩恵を受けやすいので興味のある方はぜひチェックしてみてください。

2016年日本の動き

日本でもブラックフライデーを行う動きが始まっているようです。

日経新聞によると「11月25日の金曜日から3日間、全国の総合スーパーやショッピングセンター内の店舗など2万店強で、通常より価格を下げる目玉商品を数多く販売する」と報じています。 ニュースなどではイオンやAmazonといった具体的な導入企業名が紹介されていました。

日本でも年末商戦の起爆剤として期待しているようですが、韓国で導入が失敗に終わったと言う例もあるため今後の動向が気になります。

関連記事