2018.06.07

Web制作

ホームページに商材情報や事例を充実させるメリット

打ち合わせシーン

ホームページには様々な活用法があります。なかでも商材情報や事例を充実させることはコンテンツ充実の基本であり、やり方次第では様々な相乗効果を生み出すナイスな施策の1つです。

商材情報や事例の役割

商材や事例コンテンツは、事業者がどのようなサービスを展開し、どのような評価を得ているかを簡潔に訪問者に伝えることができる有用な情報です。詳細を伝えるために文字だらけになってしまっても読んでもらえませんし、分かり易さを重視するあまり情報がスカスカになっても効果的ではありません。

ユーザーは思っているよりも詳細な情報を欲していますが、情報を詰め込むだけでは前述の通り読んでくれませんので、豊富な情報量と分かり易さを両立させる工夫が必要です。1つの商材でも様々な角度でコンテンツ化するコンテンツマーケテイングを行い情報を充実させるのも一つの手です。

営業ツールとして活用できるメリット

ホームページに商材の情報や商材の事例などを充実させると、営業ツールとして活用できるWeb上のパンフレットが完成します。しかも更新さえきちんと行えば常に最新の情報が取り出せる優れものです。最新の状態を紙のパンフレットで実現するのは不可能に近いので、大変重宝します。端末とネットがあればどこからでもアクセスできるのも強みです。

もしPCやタブレットがなくてもスマホ対応していればスマホでもアクセスできますので、フレキシブルな対応が可能になります。

情報を新鮮に保つ相乗効果によるメリット

コンテンツを最新の情報で保つためには、当然情報の更新が欠かせません。どれぐらいの頻度で商材の情報や事例が更新されるかにもよりますが、ページを更新することはSEO的にも良い影響を与えます。これを継続して行えば、検索での集客力も強化され相乗効果が期待できます。

まとめ

規模や業種を問わず、商材情報や事例コンテンツは当たり前のようにホームページのコンテンツとして設けられています。しかし「うまく活用している」と感じるコンテンツは多くはありません。活用次第ではただ情報が羅列されているだけではなく、ここで紹介したようなメリットもあり、業務効率化の一助になるコンテンツですので是非うまく活用してみて下さい。

コンテンツに関する相談なのども承っておりますのでお気軽にご相談ください。

ホームページ制作のことは何でもご相談ください

06-6537-9941

受付時間9:00〜19:00休日土日祝日

株式会社ゼロワンアース
〒550-0012 大阪府大阪市西区立売堀2丁目5−41

SHARE

この記事の筆者

デザイナー 若井 徳彦

デザイナー 若井 徳彦

ターゲットに合わせたUIやUX、目的を達成させるためのデザインをモットーに取り組んでいます。SEOやグロースハックとの親和性の高いデザインが求められてると感じています。

WEBSITE DESIGN REQUEST

ホームページ制作・リニューアルの
ご相談はお気軽に

TEL 06-6537-9941 平日 9:00〜19:00

〒550-0012 大阪府大阪市西区立売堀2-5−41

ホームページ制作を相談する