ホームページ制作

Windowsのローカル環境にGitを導入する方法

Windowsのローカル環境にGitを導入する方法のアイキャッチ画像

今回はSourceTreeというツールを使いwindowsのローカル環境にgitを導入する方法をご紹介します。SourceTreeはGitの操作を視覚的に行うことができるので、ftpクライアントのようなGitの使い心地を実現でき大変便利です。

SourceTreeのインストール

shot01-02

SourceTreeをサイトからダウンロードし、インストールします。
表示に沿ってインストールを行ってください。

shot01-03

インストールが完了したらSourceTreeを起動します。

shot01-04

起動するとライセンス確認やアカウントのログインを求められます。
まずはライセンスを確認し、同意してください。

shot01-05

続けてAtlassianアカウントへのログインを求められます。
お持ちでない方は登録してログインしてください。

shot01-06

登録が完了したら上記の画面になります。導入としては以上で完了ですが「続行」を押して次の項目へ進みます。

shot01-07

リモートレポジトリの設定画面が開きます。該当サービスに登録しているのであれば、登録情報を記入すると設定が一部省略できます。
この設定は後からでも可能ですので、ローカル環境をつくることが目的の場合はスキップ押してセットアップは完了です。

ツールウインドウの左側に管理したいフォルダをドラッグ&ドロップすることで管理できるようになります。

あわせて読みたい記事

関連記事

うそん!!めっちゃアクセス少ないやん!!

Sponsored Links

ホームページ制作事例

ホームページ制作事例一覧