Web制作

win環境でSourceTreeと連携するBitbucketを使ったGitのリモートリポジトリ作成手順

2017.01.02

2017.05.24

ビットバケットの画面

Bitbucketは運営元であるAtlassianが提供するSourceTreeと連携して、Gitの視覚的な運用を実現するサービスです。前段のWindowsのローカル環境にGitを導入する方法とあわせてリモートリポジトリの作成までの手順を今回は紹介します。

Bitbucketでリポジトリを作成する

shot02-02

Bitbucketはブラウザから操作するサービスです。Bitbucketに登録しログインしたら、ツールバーのリポジトリタブからリポジトリの作成を選択します。

shot02-03

Gitのラジオボタンにチェックを入れてリポジトリの作成を選択します。リポジトリが作成されます。

shot02-05

SourceTreeと連携させます。作成したリポジトリを選択し、左ナビからクローン>SourceTreeにクローン、と選択します。

shot02-06

クローン元がリモート側表示になっているか確認し、保存先のパスをローカルリポジトリにしたいフォルダに設定します。
「クローン」ボタンを選択して作成完了です。

Bitbucketで作ったリポジトリをSourceTreeに連携させるような手順で実現させます。リモート側から作成するので少し癖があるように感じるかもしれませんが、手順は簡単ですのでgitの導入を考えているなら一度試してみてください。

SHARE

この記事の筆者

Web&Soundクリエイター 田村 培修

Web&Soundクリエイター 田村 培修

楽器とパソコンのキーボードを使い分ける当社のマルチクリエイター。e-sportsに興味津々であれこれ情報を収集中。

Archive

CONTACT

06-6537-9941
受付時間
9:00〜19:00
休日
土日祝日

株式会社ゼロワンアース
〒550-0012 大阪市西区立売堀2-5−41合田ビル6F

メールで問い合わせる

ホームページで成果をあげるには、
まず現状分析

反響のないホームページをあきらめていませんか?ホームページで成果をあげるためには、現状を分析し改善していく必要があります。大阪市西区、本社にて反響のあるホームページ制作の無料相談を受け付けておりますので、ホームページ制作のことでお悩みの方は上記CONTACTより、お問い合わせください。