コンテンツSEO

コンテンツ制作は同じ内容でも
タイトルや見出しでターゲットも効果も変わる

2016.04.11

2017.05.29

ホワイトタイガーの子供

自然検索でコンテンツへの流入の最初の判断になるのはページタイトルです。ディスクリプションは完全に運営側でコントロールできるわけではないので、タイトルや見出しで、訪問者が決まると言っても過言ではありません。

コンテンツ制作は同じ内容でもタイトルや見出しが変わるとターゲットが変わり、当然ページの持つ効果も変わってきます。

認知している人と認知していない人

コンテンツ制作におけるタイトルや見出しの役割は大事です。両方ともSEOにも大きく関わっておりますので、前述の通り、流入してくるターゲットも変わってしまうのす。

コンテンツの内容が知らない人に向けた情報であってもタイトルや見出しが知らない人に向けられたものでなく知っている人に向けたものなら、コンテンツの効果は薄くなります。

読んでくれる前提であっても「知ってる知ってる〜」で終わってしまい「へ〜そうなんだ」にはならないからです。

ポイントは専門用語

一番のポイントは専門用語ではないでしょうか。サービスを提供する側は当たり前の用語でもサービスを受ける側は、そのことの総称を知らない可能性があります。

という観点にたてば、認知していない人に提供するコンテンツの見出しやタイトルはその言葉を知らないけど、そうなりたい。サービスを利用した時の効果や願望的な言葉をチョイスする必要があります。

コンテンツ制作はターゲットを明確に

基本に立ち戻りますが、コンテンツ制作はターゲットを明確にする必要があるということです。

ユーザーが検索にどのような言葉をチョイスするか?闇雲に制作するのではなく流入経路も計算して制作することが効果的です。

SHARE

この記事の筆者

デザイナー 若井 徳彦

デザイナー 若井 徳彦

ターゲットに合わせたUIやUX、目的を達成させるためのデザインをモットーに取り組んでいます。SEOやグロースハックとの親和性の高いデザインが求められてると感じています。

Archive

CONTACT

06-6537-9941
受付時間
9:00〜19:00
休日
土日祝日

株式会社ゼロワンアース
〒550-0012 大阪市西区立売堀2-5−41合田ビル6F

メールで問い合わせる

ホームページで成果をあげるには、
まず現状分析

反響のないホームページをあきらめていませんか?ホームページで成果をあげるためには、現状を分析し改善していく必要があります。大阪市西区の本社にて無料相談を受け付けておりますので、ホームページ制作のことでお悩みの方は上記CONTACTより、お問い合わせください。