コンテンツSEO

コンテンツSEOの要、キーワード選定で新たなニーズの掘り起こし

2015.11.05

2017.05.29

タイプライター

キーワード選定はコンテンツSEOの要です。キーワード選定がコンテンツSEO成功の鍵だと言っても過言ではありません。

しかしコンテンツSEOはロングテールSEOと呼ばれるほどロングスパンで行うSEO対策なので、 計画通りに遂行するためにはキーワード選定にそれなりの工夫が必要です。

キーワードのグルーピングで適切なキーワードの洗い出し

キーワードを幾つかの軸でグルーピングしておくことで、計画的かつ、効率的にコンンテンツを制作することができます。

キーワードを幾つかの軸にグルーピングすることは製品やサービスを幾つかの切り口で分析することと同義です。

より製品やサービスについて熟知する必要があるので、自社の強みや魅力を再認識、新たな発見をする良い機会でもあります。

当社のようなWeb制作会社を例に幾つかのキーワード軸をあげてみます。

手軽軸

安い、短納期、ホームページ無料診断、所在地が近いなどの手軽さを連想させるキーワード。

品質軸

成果が上がる、デザインがいい、表示速度が速い、更新性が高いなどの品質や技術力をアピールするキーワード

密着軸

こだわりに応える、運営サポート、運用保守、個別ニーズの対応力をアピールするキーワード。

上記は戦略の差別化キーワードにあたります。その他にも

  • 悩み軸
  • 未来軸
  • ブランド軸
  • 気付き軸

などは比較的連想しやすいキーワード軸ではないでしょうか。

コンテンツSEOにはたくさんのコンテンツが必要です。当然それぞれのコンテンツにはキーワード選定が必要です。 コンテンツのアイデアとして、キーワードのアイデアとして、視点と切り口をかえ新たなニーズ掘り起こしにつながればと思います。

SHARE

この記事の筆者

デザイナー 若井 徳彦

デザイナー 若井 徳彦

ターゲットに合わせたUIやUX、目的を達成させるためのデザインをモットーに取り組んでいます。SEOやグロースハックとの親和性の高いデザインが求められてると感じています。

Archive

CONTACT

06-6537-9941
受付時間
9:00〜19:00
休日
土日祝日

株式会社ゼロワンアース
〒550-0012 大阪市西区立売堀2-5−41合田ビル6F

メールで問い合わせる

ホームページで成果をあげるには、
まず現状分析

反響のないホームページをあきらめていませんか?ホームページで成果をあげるためには、現状を分析し改善していく必要があります。大阪市西区の本社にて無料相談を受け付けておりますので、ホームページ制作のことでお悩みの方は上記CONTACTより、お問い合わせください。