Webマーケティング

Google Analyticsで
時間別のユーザー動向を確認する方法

2017.10.04

Google Analyticsで時間別のユーザー動向を確認する方法のアイキャッチ画像

みなさんはWebサイトの訪問者の動向を時間別に分析したい時はないでしょうか。

例えば、1日のアクセス数が多い時間帯がわかれば、ブログの更新をその時間に合わせることでより多くの人にブログを閲覧してもらうことが可能です。
1日のある特定の時間帯だけ行っているサービスがあるとすると、
そのサービスの利用状況などをより正確に分析することができます。

Google Analyticsは無料で使える高機能なWebサイトのアクセス解析ツールです。
うまく使いこなすことで、自分が欲しい情報や分析したい情報を調べることが可能です。
今回は時間別のユーザーの動向を確認する方法を紹介します。

カスタムレポートを使用して時間別のユーザー動向を確認する

時間別の情報を知るためにはカスタムレポートを使用して欲しい情報を抽出します。

新しいカスタムレポートを作成する

左側のメニューから「カスタム」>「カスタムレポート」と進んでください。
そこで「新しいカスタムレポート」を選択します。

抽出する情報を設定する

まず指標グループに知りたい情報を設定します。今回は一般的な指標として「セッション」
「新規セッション率」「新規ユーザー」「直帰率」「ページ/セッション」「平均セッション時間」を設定しています。

次にディメンションのの詳細に「時」と設定します。

これで時間別のユーザーの動向を分析することが可能です。

さらにスマートフォンユーザーだけに絞り込みたい場合などはフィルタに「デバイスカテゴリ」を設定し「mobile」を設定することで表示ができます。
パソコンユーザーだけに絞り込む場合は「mobile」を「desktop」に設定することで表示できます。

一度この設定を保存すると次回からは、カスタムレポートの一覧にあるレポートを表示するだけで今後は時間別のユーザー動向を確認することが可能です。

参考にしてください。

SHARE

この記事の筆者

Webクリエイター 古川 徹朗

Webクリエイター 古川 徹朗

Webに関する様々な知識を身に付け、理論的な問題解決を常に目指す頭脳派クリエイター。

Archive

CONTACT

06-6537-9941
受付時間
9:00〜19:00
休日
土日祝日

株式会社ゼロワンアース
〒550-0012 大阪市西区立売堀2-5−41合田ビル6F

メールで問い合わせる

ホームページで成果をあげるには、
まず現状分析

反響のないホームページをあきらめていませんか?ホームページで成果をあげるためには、現状を分析し改善していく必要があります。大阪市西区の本社にて無料相談を受け付けておりますので、ホームページ制作のことでお悩みの方は上記CONTACTより、お問い合わせください。