Webマーケティング

「訪問数」「ページ別訪問数」、似たような言葉の意味の違いを把握する必要性

2015.12.17

2017.05.18

マカロンが5つ

世の中には似たような言葉なのに全く意味が異なったり、呼ばれ方は異なるが意味は同じ…という言葉がたくさんあります。
アクセス解析の数値指標の言葉にもそのようなものが存在します。

たとえば、「訪問数」と「ページ別訪問数」というものです。 これらは、言葉は似ていますが意味は全く異なるもので、その違いを理解しておかないと、数値分析結果も全く異なるものになるため注意が必要です。

訪問数とは

Googleアナリティクスでは「セッション数」と呼ばれています。
セッションのカウントは、ユーザーが訪問した時点で「1」カウントされ、同じユーザーが他のページに遷移してもカウントは「1」のままです。

se001

Webサイト全体に対して訪問された数字が「訪問数」となります。
※ただしGoogleアナリティクスの場合、セッションカウントの設定時間内に限ります。

ページ別訪問数とは

そのページに対する訪問数のことです。

たとえば、ユーザーAが「Q&A」ページに訪れ、ユーザーBも同じく「Q&A」ページに訪れた場合、「Q&A」のページ別訪問数は「2」とカウントされます。しかし、ユーザーAは「Q&A」に訪れても、ユーザーBは「Q&A」に訪れなかった場合、「Q&A」のページ別訪問数のカウントは「1」となります。

se002

ツールやサイトやによって使われる言葉が異なる

このように似たような言葉が出てきてしまう原因としては、特に統一文言ルールがあるわけではなく、Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールや、情報サイトで使われ方が異なり、それが各々で定着してしまっている点が挙げられます。

今回例に挙げた「訪問数」についても、Googleアナリティクスでは「セッション数」と呼ばれたり、他では「アクセス数」と呼ばれたり…たくさんのバリエーションがあります。

どの言葉が同じ意味なのかを把握しておく

それでなくても、アクセス解析の言葉には似たような文言やバリエーションが多く複雑です。
アクセス解析のレポートを作成する際は、キーとなる指標に似た言葉が存在するだけで混乱を招いたり、正しく理解されない可能性がありますので、なるべく似たような言葉は使わないようにすることが必要だと考えます。

また、どの言葉が同じ意味なのかを理解しておくことも重要です。

SHARE

この記事の筆者

Webアドバイザー 鈴木 亘

Webアドバイザー 鈴木 亘

Webの悩みをお客様の視点に立って一生懸命解決法を考える、Webアドバイザーの鈴木亘です。Webマーケティング初心者の方でも安心してご相談いただけるよう、わかりやすい戦略立案を心がけていますので、どんな些細な問題でもお気軽にご相談ください。

Archive

CONTACT

06-6537-9941
受付時間
9:00〜19:00
休日
土日祝日

株式会社ゼロワンアース
〒550-0012 大阪市西区立売堀2-5−41合田ビル6F

メールで問い合わせる

ホームページで成果をあげるには、
まず現状分析

反響のないホームページをあきらめていませんか?ホームページで成果をあげるためには、現状を分析し改善していく必要があります。大阪市西区の本社にて無料相談を受け付けておりますので、ホームページ制作のことでお悩みの方は上記CONTACTより、お問い合わせください。