Webマーケティング

twitterは第2の検索エンジンになるのか!?

2017.01.26

2017.05.15

首をかしげるオウム

みなさんはインターネットで検索をすると言ったら何を想像しますか?

大多数の人が「Google」とか「Yahoo!」とか「being」とかを想像するでしょう。
自分もそうです。

でも最近ふと気付いたんです。twitterで検索している自分を。
気付いたのは帰宅しようとした時に自宅がある最寄駅で人身事故が起きているというアナウンスを駅で聞いた時に、まず検索した時でした。

タイムラインをたどってみると、自分が乗っている電車が人身事故にあったというtweetや駅の様子のtweetで大体の状況を把握して、あーこれはすぐにはこれは復旧しないなと判断して夕飯を食べてから帰宅しました。

カップヌードルの抹茶味のを食べた時に他の人の感想知りたいなと調べたのもtwitterでした。

Googleの検索もかなりインデックスは早いですが、今その瞬間に起きていることを知る検索手段としてはtwitterに右に出るものはないですね。

オプトのTwitter(ツイッター)の利用実態に関する調査でもTwitterから「新しい情報」52%、「面白い情報」50% を得たいと考えているという調査結果も出ています。
自社のサービスをインターネットでどう露出するかを考える時に、検索エンジン経由でどう知ってもらうかだけでなく、Twitterなどでどう話題にあがるのかという視点自社のサービスを再評価することも今のマーケティングでは重要なことですね。

SHARE

この記事の筆者

Webクリエイター 古川 徹朗

Webクリエイター 古川 徹朗

Webに関する様々な知識を身に付け、理論的な問題解決を常に目指す頭脳派クリエイター。

Archive

CONTACT

06-6537-9941
受付時間
9:00〜19:00
休日
土日祝日

株式会社ゼロワンアース
〒550-0012 大阪市西区立売堀2-5−41合田ビル6F

メールで問い合わせる

ホームページで成果をあげるには、
まず現状分析

反響のないホームページをあきらめていませんか?ホームページで成果をあげるためには、現状を分析し改善していく必要があります。大阪市西区の本社にて無料相談を受け付けておりますので、ホームページ制作のことでお悩みの方は上記CONTACTより、お問い合わせください。