Webマーケティング

ユーザーの導線を分析する「ユーザーエクスプローラー」

2017.11.20

ユーザーの導線を分析する「ユーザーエクスプローラー」のアイキャッチ画像

Googleアナリティクス にはいろいろな機能が追加されていますが、各ユーザーがどのページを見たか?サイト内での動きを簡単に確認できる機能「ユーザーエクスプローラー」が2016年の4月から実装されました。

ユーザーエクスプローラーの使い方

ユーザーエクスプローラーのメニューは画面左側のメニュー内、「ユーザー」のカテゴリー直下にあります。クリックして入ると、クライアントID(個別のユーザーID)をもとに構成された一覧表が表示されます。デフォルトでは、集計対象期間内で訪問回数が多いユーザー順で表示される設定です。

セッション、平均セッション時間、直帰率、収益、トランザクション数、コンバージョン率とさまざまな項目が並んでいますが、直感的に内容を把握できる非常にわかりやすい構成となっています。またこれらの項目はそれぞれソートをかけることができるので、多角的な解析が可能です。

クライアントIDとは?

さて先ほどさらっと触れたクライントIDですが、これはGoogleアナリティクスがブラウザに対して発行する重複しないIDのことです。
個々のクライアントIDをクリックすると、セッション数、時間、収益やアクセスの参照元が把握できる画面に移動し、それぞれのユーザーのサイト内での足取りを事細かく見ることができます。

GoogleアナリティクスはクライアントIDを利用し、ユーザー情報をひもづけて計測しているのですが、そのため、ブラウザが違うと別ユーザー扱いとなり、残念ながら同一ユーザーのブラウザをまたいでの計測はできません。
しかし逆に言うと、何か新しい設定をする必要がないので、気軽に利用できます。

なお以下の場合など、クライアントIDを利用できない機能もあります。

  • カスタムレポートのディメンションにクライアントIDを指定する
  • セカンダリディメンションにクライアントIDを指定する
  • セグメントの条件にクライアントIDを指定する
  • フィルタのフィールドにクライアントIDを指定する

最適なターゲットに絞ってユーザーの足跡をたどる

ユーザーエクスプローラーをサイト運営にぜひ活用したいところですが、サイトを訪問したすべてのユーザーについてそれぞれの動きを観察するのは現実的ではなく、サイト分析に最適なターゲットを絞り込む必要があります。

直帰したユーザーや、セッション数が極端に多い、あるいは少ないユーザーのデータをたくさん見ても、得るものはあまりありません。
例えば、コンバージョンを起こしたユーザーや、コンバージョンを起こす直前で離脱してしまったユーザーなど、気になるユーザーにフォーカスを絞ってレポートを見ることがポイントとなります。

ユーザーどのようなページを見てどのような経緯でコンバージョンへとたどりついたのか、あるいは離脱に至ったのかを追体験することで、ユーザーの思いがけない動きが見え、ページ内容や操作性を見直すきっかけとなるでしょう。

SHARE

この記事の筆者

Web&Soundクリエイター 田村 培修

Web&Soundクリエイター 田村 培修

楽器とパソコンのキーボードを使い分ける当社のマルチクリエイター。e-sportsに興味津々であれこれ情報を収集中。

Archive

CONTACT

06-6537-9941
受付時間
9:00〜19:00
休日
土日祝日

株式会社ゼロワンアース
〒550-0012 大阪市西区立売堀2-5−41合田ビル6F

メールで問い合わせる

ホームページで成果をあげるには、
まず現状分析

反響のないホームページをあきらめていませんか?ホームページで成果をあげるためには、現状を分析し改善していく必要があります。大阪市西区の本社にて無料相談を受け付けておりますので、ホームページ制作のことでお悩みの方は上記CONTACTより、お問い合わせください。