クリエイターの日常

ニンテンドースイッチの価格は高いのか安いのか

2017.01.18

2017.05.30

サラリーマンのフィギュア

任天堂が満を持して発表した「ニンテンドースイッチ」

2015年3月に「NX」のコードネームとして発表されたプロジェクトが、「ニンテンドースイッチ」と名前を変え、2017年3月3日に発売すると発表されました。

任天堂らしく遊び心満載の機能が搭載されており、据え置き機の枠を越え、街に持ち歩き(タブレット型で)できるように設計されたハードとなっております。

米国では先行予約が開始され、予約注文がAmazon、GameStop、Walmart、Best Buyですでに完売。海外のショップ「GameStop」では、すでに初代Wii Uの2倍の予約数に達しているそうで、今のところ滑り出しは順調なようです。

有名ゲーム情報サイト「Game*Spark」では緊急アンケートを実施。その結果は…

概ね好意的に見られているようですね。一方ITmediaでのアンケート結果は…

2メディアのアンケート結果だと、買うと決める材料がまだ少ないのかもしれませんね。

世間では価格が高いとの指摘も

そんなニンテンドースイッチですが、ネット、SNS界隈では「価格が高い」と思う人も少なくないようです。今回プレゼンテーション&体験会で発表された価格は「29,980円(税別)」。税込みでは32,378円ということですが、私個人としては頑張ったなあという印象です。

そこで過去のゲーム機の価格を見てみる

そんなニンテンドースイッチですが、過去のゲーム機の値段を調べてみると…

  • ファミリーコンピュータ 1983年発売(14,800円)
  • PCエンジン 1987年発売(24,800円)
  • スーパーファミコン 1990年発売(25,000円)
  • セガサターン 1994年発売(44,800円)
  • プレイステーション 1994年発売(39,800円)
  • X box 2002年発売(34,800円)
  • プレイステーション4 2013年発売(41,979円)

もちろんこれ以外にも様々なゲーム機が発売されていますがキリがないので抜粋です。ちなみに私が初めて買ったゲーム機は「カセットビジョンJr」です。ええ、だから何って感じですよね。次いきます。

もちろん発売後、価格が下がったりしていますので一概には言えませんが、年々スペックがうなぎのぼりで上がっていくにつれ、価格の方も上がっていっているかなという印象です。上記を見るとニンテンドースイッチの「29,980円」というのは決して高いとは言えないのですが、ではなぜ高いという声が出るのでしょう。

何が「高い」と思わせるのか

要因を考えると…複数ありますがこんな感じかなと、私は考えています。

  • 娯楽の多様化に伴いゲームという娯楽に価値を見いだせなくなった
  • スマートフォンのゲームアプリの基本無料に慣れてしまった
  • スマートフォン「実質0円」キャンペーンや中国、韓国などの低価格PCのシェア拡大などの価格破壊が普通になりハードに対する価値観が崩れてしまった
  • SNSなど個人が情報を発信するようになり様々な意見を見れる(知れる)ようになった

他にも色々考えられますが、上記の要素が大きな原因なのかなと個人的に思いました。

特に影響のあるのは「娯楽の多様化に伴いゲームという娯楽に価値を見いだせなくなった」というのが大きいのではないでしょうか。その昔、私は新しいゲーム機が発売された時、値段なんか気にしませんでした。欲しいからです。遊びたいゲームがあったからです。ゲームセンターに行かなければ遊べなかったゲームが、家でできるようになった「今までに無かった新しい娯楽」だったからです。そこに価値があったからです。それは今も変わらないと思います。価値を見い出し、買う人は買うんです。

今は「買う人は買う」その『母数が少なくなった』ということなのかな、と思います。

音楽業界にも言えることですね。時代なのかもしれません。ですがファミコンの盛り上がりやセガ、SONYのライバル争いをリアルタイムで見てきた私としては、やはり任天堂ブランドには頑張って欲しい。任天堂が社運をかけたと言っても過言ではない「ニンテンドースイッチ」。ぜひ売れてほしいと思います。

アトラスさん。ニンテンドースイッチで「真・女神転生4」を出すと聞きました。早く出してね。え?4?もう出てるって?そんなのありましたっけ?

SHARE

この記事の筆者

デザイナー 芳村 明文

デザイナー 芳村 明文

カテゴライズしたらきっとデザイナーのはず。音楽(洋楽をジャンル問わず雑多に貪る)、欧米テレビドラマ(シットコム)が好き。時々バンド活動。

Archive

CONTACT

06-6537-9941
受付時間
9:00〜19:00
休日
土日祝日

株式会社ゼロワンアース
〒550-0012 大阪市西区立売堀2-5−41合田ビル6F

メールで問い合わせる

ホームページで成果をあげるには、
まず現状分析

反響のないホームページをあきらめていませんか?ホームページで成果をあげるためには、現状を分析し改善していく必要があります。大阪市西区の本社にて無料相談を受け付けておりますので、ホームページ制作のことでお悩みの方は上記CONTACTより、お問い合わせください。