2018.07.13

Web制作

UIデザインツールFigmaで使用しているフォントの認識が外れたときの対処方法(追記あり)

UIデザインツールFigmaで使用しているフォントの認識が外れたときの対処方法(追記あり)のアイキャッチ画像

Figmaで制作途中のドキュメントを開き、制作を再び開始しようとするとフォント警告が…。

figmaフォント警告画面01

本来は「ローカル環境に無いフォント」が使用されている時に出てくる警告なのですが、なぜかローカル環境にインストールしているフォントに対し警告がでています。

figmaフォント警告画面02

そんなときの対処方法を今回はご紹介します。

サインアウトする

figmaフォント警告画面03

ツール左上にあるハンバーガーメニューをクリック。

figmaフォント警告画面04

プルダウンメニュー最下部の「Help and Account」からさらにプルダウンを表示し、これまた最下部の「Sign Out」を選択し、サインアウトします。

再びサインインする

figmaフォント警告画面05

Figmaのトップ画面が出てきたら、画面右上の「Sign In」をクリックし、再びサインインしてください。

figmaフォント警告画面06

figmaフォント警告画面07

サインインしたらドキュメントを開き、フォントの確認をしてください。警告が消えていれば完了です。

最後に

フォントの認識が外れてしまう原因は、正直不明です。読み込みがうまくいかなかったのか、ブラウザのタブを多く開きすぎているのか…。もしフォントの認識が外れている場合は、この方法をお試しください。

追記

2018年7月13日現在。今日Figmaを立ち上げると同現象がまた起こりました。今度はサインアウト、サインインし直しても解決しません。使用ブラウザはWindows10でChromeなんですが、Firefox、Edgeでも同現象が起きており、サインインし直しても解決しませんでした。アプリ版のFigmaではフォントが認識されています…。

PCの再起動をしたり再びサインインし直したり色々試しましたが改善されず。

途方に暮れてしばらくそのまま放置していると…気づいたら認識しているじゃありませんか…。どういうこと??

フォントの読み込み時に問題があるのかもしれません。
原因として考えられるのはシステムにインストールしているフォントの数。数が多いと読み込みに時間がかかるのかもしれません。
もしくはバグか…。

ちなみにアプリ版のFigmaは問題なく認識していましたので、安定して使用するならアプリ版をダウンロードして使用したほうが良いかもしれませんね。

この件、引き続き調査したいと思います。

SHARE

この記事の筆者

デザイナー 芳村 明文

デザイナー 芳村 明文

カテゴライズしたらきっとデザイナーのはず。音楽(洋楽をジャンル問わず雑多に貪る)、欧米テレビドラマ(シットコム)が好き。時々バンド活動。

WEBSITE DESIGN REQUEST

ホームページ制作・リニューアルの
ご相談はお気軽に

TEL 06-6537-9941 平日 9:00〜19:00

〒550-0012 大阪府大阪市西区立売堀2-5−41

ホームページ制作を相談する