Webマーケティング

コンバージョンを知るメリット

2015.08.26

2017.05.25

砂浜のドア

ホームページの管理・運営をしているとコンバージョン、コンバージョン率という言葉を耳にする機会があるかと思います。

Webマーケティングで使われるコンバージョンとは成果の事です。成果と聞けば購入や契約を連想するかも知れませんが、なにをもって成果とするかはWebサイトにより異なります。

Webサイトのコンバージョン

一般的なWebサイトのコンバージョンを枚挙すると以下のグループにカテゴライズされます。

  1. お問い合わせ系
  2. 請求系
  3. 購入系
  4. 申込系

Webサイトでのコンバージョンは直接的な利益だけではなく、利益につながるアクションをコンバージョンに設定するケースも多いのです。

コンバージョンに関する略語

この関連の話しや資料は何故か略語が多いので、合わせて略語を覚えておいたほうが良いでしょう。

CV

コンバージョンの略語

CVR

コンバージョン率(コンバージョン数÷アクセス数)

IMP

広告の表示回数

CTs

クリック数(広告のクリック回数)

CPC

クリック単価(広告が1クリックあたりにかかる料金)

CTR

クリック率(広告がクリックされる確率)

CPA

獲得単価(1コンバージョンにかかった料金)

コンバージョンを知るメリット

コンバージョンを理解することによって様々なことがシミュレーションできるようになります。 ECサイト等では売上目標に対して必要な総アクセス数、アクセス数の見込みに対して必要なコンバージョン率。獲得単価が決まっているのであれば、獲得単価から逆算した売上。コンバージョンを知ることによってWeb戦略は現実味をおびて行くことができるのです。

SHARE

この記事の筆者

デザイナー 若井 徳彦

デザイナー 若井 徳彦

ターゲットに合わせたUIやUX、目的を達成させるためのデザインをモットーに取り組んでいます。SEOやグロースハックとの親和性の高いデザインが求められてると感じています。

Archive

CONTACT

06-6537-9941
受付時間
9:00〜19:00
休日
土日祝日

株式会社ゼロワンアース
〒550-0012 大阪市西区立売堀2-5−41合田ビル6F

メールで問い合わせる

ホームページで成果をあげるには、
まず現状分析

反響のないホームページをあきらめていませんか?ホームページで成果をあげるためには、現状を分析し改善していく必要があります。大阪市西区の本社にて無料相談を受け付けておりますので、ホームページ制作のことでお悩みの方は上記CONTACTより、お問い合わせください。