2017.09.03

Webマーケティング

まず最初に理解したいGoogleアナリティクスのセッション

まず最初に理解したいGoogleアナリティクスのセッション

Googleアナリティクスには様々な指標や用語がたくさん出ててくるので、初めてアナリティクスを見るときには、どこから見るべきか悩まれることもあると思います。

そんな場合はまず、「セッション」から見ることがおすすめです。セッションはGoogleアナリティクスの中でも最も基本の数値指標となり、難しく考えることなく比較的シンプルにホームページの状況把握を把握したり、ユーザーの訪問傾向を掴めるなどのメリットがあります。

ホームページの利用状況を表す基本バロメータがセッション

セッションは、ホームページに訪問された回数のことを指します。ユーザーが訪問して色々なページを見て回り、出ていくまでの一連の行動が1セッションとなり、同じドメインの中であればたとえ10ページ見られたとしてもセッションは1となります。

セッションの説明

セッションが多ければそれだけホームページを利用されている機会が多く、少なければ利用機会も少ないことになるので、ホームページの利用状況を手っ取り早く見ることのできる基本バロメータと考えるとわかりやすいと思います。

ユーザーの訪問傾向が見えるように

セッションを一定期間に区切って見ることで、数値の変動からユーザーの訪問傾向が把握できます。

例えばBtoB関連のホームページであれば、休日の土日のセッションが下がったり、時間単位で見ると平日の12時頃にアクセスが増えたり…といった具合です。このパターンを見て、ページの更新は平日の何時に行うとのが有効…といったスケジュール立てができるようになります。また、パターンから外れた異常な変動も見つけやすくなるので、分析ポイントを見出す糸口にもなり得えます。

平日に比べ土日や休日のセッションが減少傾向

セッションから徐々に次の指標の把握へ

セッションは、他の数値指標を出すための算式に使われることが多い数値なので、その意味を最初に押さえておくことで他の数値の意味も併せて把握できるようになります。まずはセッションから段階を踏んで進めてみてはいかがでしょうか。

SHARE

この記事の筆者

Webアドバイザー 鈴木 亘

Webアドバイザー 鈴木 亘

Webの悩みをお客様の視点に立って考える、Webアドバイザー&フリー素材モデルの鈴木亘です。Webマーケティング初心者の方にもわかりやすい戦略立案を心がけています。大阪でホームページ制作をご検討の方、薄毛素材をお求めの方、お気軽にご相談ください。

WEBSITE DESIGN REQUEST

ホームページ制作・リニューアルの
ご相談はお気軽に

TEL 06-6537-9941 平日 9:00〜19:00

〒550-0012 大阪府大阪市西区立売堀2-5−41

ホームページ制作を相談する