2016.07.26

2017.05.24

Webマーケティング

ブログ記事はタイトルと見出しが超重要! 記事を読んでもらうための工夫

ブログを読む男性

ブログ記事は中身が重要なのはもちろんのことですが、その中身が要約されているタイトルや見出し付けは、読者に読んでもらうため・読みやすくするためにはさらに重要となってきます。

記事を読むきっかけはタイトルと見出し

数あるブログ記事の一つ一つを丁寧に目を通すことはほぼ無いと思います。まずはその記事を読むかどうか、自分にとって必要な情報かどうかは、タイトルや見出しを見て判断されます。

記事を読む時の流れ

タイトルを見て記事の概要を把握

タイトルから自分にとって必要が無い情報と判断した場合はそこで終わります。しかし、少し内容を詳しく読みたいと思った場合、中身へと読み進めていくと思います。

記事を流し読みして内容を把握

記事を読み進めるにあたり、最初から順を追ってガッツリ読む場合もありますが、それは最初から相当な興味を抱いている場合に限ると思います。

本文を読むかを見出しで判断

たいていの場合、記事は最初「流し読み」されるものです。その「流し読み」をする中で、本文を読むための判断材料となるのが見出しです。

見出しから、内容を詳しく読む必要があると判断された場合、ここで本文内容をじっくりと読まれていきます。

Yahooニュースを例にすると

まずは、自分が読みたいジャンルに遷移して、興味のあるニュースタイトルを探して記事に目を通すでしょう。

ニュースサイトは特に情報量が多いため、記事を読んでもらうためにはタイトル付けが重要視されており、文字数制限のある中で、記事内容を要約しつつ読者に興味を引き込ませるという、相当な工夫がなされています。

タイトル・見出しのつけ方で決まるブログ記事

どんなに内容が優れたブログも、タイトルが記事を表すもので無かったり、興味が持てなければ意味が無くなってしまいます。

また、見出しもしっかりと本文を要約したもので、適度に段落として区切られてなければ、読むことが億劫な記事となる可能性があります。

最適なのは自分で読み返す

ブログは書くことで達成感が出てしまいますが、毎記事書くたびに行っていただきたいのが、自ら読み返すことです。そこで、段落が多く読みづらいと感じる場合は、段落を区切って見出しを付けてみると、かなり読みやすい記事に変わると思います。

是非、参考にされてみてはいかがでしょうか。

SHARE

この記事の筆者

Webアドバイザー 鈴木 亘

Webアドバイザー 鈴木 亘

Webの悩みをお客様の視点に立って考える、Webアドバイザー&フリー素材モデルの鈴木亘です。Webマーケティング初心者の方にもわかりやすい戦略立案を心がけています。大阪でホームページ制作をご検討の方、薄毛素材をお求めの方、お気軽にご相談ください。

WEBSITE DESIGN REQUEST

ホームページ制作・リニューアルの
ご相談はお気軽に

TEL 06-6537-9941 平日 9:00〜19:00

〒550-0012 大阪府大阪市西区立売堀2-5−41

ホームページ制作を相談する