Webマーケティング

オウンドメディア展開で無視できない、検索ボリュームの少ないキーワードの対策

2016.07.19

2017.05.16

黒い信号機

オウンドメディア展開の戦略における、検索キーワードの分析についてご相談をお受けするのが、

検索ボリュームの少ないキーワードを意識するべきか?
少ない検索ボリュームはそもそも対応する意味があるのか?

といった、いわゆるニッチキーワードに対するご相談です。

検索ボリュームが少なくとも無視してはいけない

結論から言うと、たとえキーワードの検索ボリュームが少なくとも、けして無視はできません。

そもそもオウンドメディア展開では、ユーザーが求める「疑問」や「課題」ニーズに対する検索で、Webサイトがそれに応えることで、ユーザーとの接触機会を増やすということが重要となります。そのため、ユーザーが検索しうるキーワードは、それに応えられるのであれば、可能な限り意識しておくべきだと考えます。

少ないニーズに応えていくのがコンテンツSEO

検索ボリュームの多いキーワードは、多くの場合キーワードの軸になり得ます。そしてそこに付随してくるのがニッチキーワードとなり、これらのニッチキーワードに対して応えられるコンテンツを提供していくのが、コンテンツSEOの要となります。

検索ボリュームの少ないキーワードは具体性が高い

検索ボリュームが少ないからと言って、それが「検索している人が少ない」と捉えるのは早計です。検索ボリュームの少ないキーワードの中には「より具体的に検索している」と捉えられるものがあるはずです。

このようなキーワードが、コンテンツSEOにおいては非常に重要な情報となり、オウンドメディアの情報発信のテーマやヒントに繋がってきます。

キーワードの優先順位決定と戦略立て

とは言え、すべてのキーワードを優先順位も何もなく、全部対策しよう!というのはあまりにも乱暴すぎる話なので、検索ボリュームが少ないキーワードから、それが提供サービス上応答できるものかを見定め、選別していくことが大切です。

  • コンテンツとしてのニーズがあるのか
  • サイトとしてコンテンツが必要か

これらを基軸に選別したキーワードに、優先順位をつけてコンテンツ戦略を検討していきます。 優先順位をつけることにより、コンバージョンが集められる可能性があるキーワードなのか、コンバージョンより情報提供として重要なキーワードなのか、分類分けも明確になると思います。

キーワードの見定めはオウンドメディア展開の鍵

オウンドメディア展開においては、自社のWebサイトが示す情報提供の方向性に沿って、キーワードを選別してくことが重要です。たとえ多く検索されているキーワードであったとしても、コンテンツの戦略上繋がりが薄い場合はそのキーワードの優先度は下がり、検索ボリュームが少なくてもそのニーズが戦略上重要であれば、その優先度は高くなると思います。

打ち立てた戦略をもとに、しっかりとキーワードを見定めていきましょう!

SHARE

この記事の筆者

Webアドバイザー 鈴木 亘

Webアドバイザー 鈴木 亘

Webの悩みをお客様の視点に立って一生懸命解決法を考える、Webアドバイザーの鈴木亘です。Webマーケティング初心者の方でも安心してご相談いただけるよう、わかりやすい戦略立案を心がけていますので、どんな些細な問題でもお気軽にご相談ください。

Archive

CONTACT

06-6537-9941
受付時間
9:00〜19:00
休日
土日祝日

株式会社ゼロワンアース
〒550-0012 大阪市西区立売堀2-5−41合田ビル6F

メールで問い合わせる

ホームページで成果をあげるには、
まず現状分析

反響のないホームページをあきらめていませんか?ホームページで成果をあげるためには、現状を分析し改善していく必要があります。大阪市西区の本社にて無料相談を受け付けておりますので、ホームページ制作のことでお悩みの方は上記CONTACTより、お問い合わせください。