コンテンツSEO

すぐに実践できるSEO対策!?
記事制作に一手間加えてクリック率アップ!

2017.06.12

ネットサーフィン

SEO対策、Web集客において上位表示されることは重要なミッションですが、検索順位はすぐにどうこうなるものではなく、自分で操作できません。しかし、クリック率は違います。記事制作時の工夫次第でクリック率アップが見込めます。

クリック率が上がるとどうなるの?

クリック率が上がると単純にアクセスが増えます。例えば10万回の表示件数に対して3%のクリック率だと3000アクセス。クリック率が6%に上がると6000アクセス。このクリック率だと3%上がるだけでアクセスが倍増します。

母数が大きければ大きいほどクリック率が少し上がるだけで大きな集客につながります。上位表示だけではなくクリック率向上も重要なSEO対策なのです。

クリック率を上げるにはどうすれば?

クリック率を上げるには内部対策など施策は幾つかありますが、記事作成時に幾つかのポイントを押さえることでクリック率は向上します。

おもわずクリックしたくなるようなタイトルにする

タイトルの優劣はクリック率に直結します。例えばこの記事のタイトル
どちらの方が引きこまれますか?

  • クリック率アップはすぐにできるSEO対策
  • すぐに実践できるSEO対策!?記事制作に一手間加えてクリック率アップ!

私はこの記事のタイトルである後者の方が、具体性もあり、より高いクリック率が期待できるとします。そして具体的な数字などのソースがあればもっと訴求力の強いタイトルにすることも可能です。

  • 今日から実践できるSEO対策!クリック率改善で3倍の集客!

数字と結果を加えることにより、さらに引き込める可能性が高まります。

タイトルと内容に齟齬があってはならない

当たり前のことかもしれませんが、いくら魅力的なタイトルにするためとはいえ、タイトルが記事の内容と齟齬があってはいけません。タイトルは記事の内容を要約したものでなくてはなりません。

ディスクリプションは短い広告文

ディスクリプションは記事を抜粋すればいいと言った類のものではありません。ディスクリプションはその記事に対する短い広告文といえばわかりやすいでしょうか。

記事を要約することだけにこだわらず、広告文だと捉えて記事内容をアピールします。タイトルと同じく記事内容と齟齬があってはなません。

ユーザーの検索キーワードを常に意識する

タイトルやディスクリプションにユーザーが検索してくるであろうと想定されるキーワードを入れるのを忘れてはいけません。無理に詰め込む必要はありません。

タイトルやディスクリプションに検索キーワードが入っていることで、関連性の高い情報だと判断されクリックされることが期待できます。

検索キーワードとコンテンツのマッチング度

クリック率を上げるにはタイトルとディスクリプションに工夫が必要だと紹介してきましたが、検索キーワードとコンテンツのマッチング度を忘れてはなりません。

ユーザーは抱えている問題を解決したくて検索します。ユーザーのチョイスしたキーワードとコンテンツがマッチングしていれば、そのユーザーにとってそのコンテンツは良質なコンテンツとなります。

そうした良質なコンテンツの積み上げが高いクリック率につながりSEO効果が期待できます。

SHARE

この記事の筆者

デザイナー 若井 徳彦

デザイナー 若井 徳彦

ターゲットに合わせたUIやUX、目的を達成させるためのデザインをモットーに取り組んでいます。SEOやグロースハックとの親和性の高いデザインが求められてると感じています。

Archive

CONTACT

06-6537-9941
受付時間
9:00〜19:00
休日
土日祝日

株式会社ゼロワンアース
〒550-0012 大阪市西区立売堀2-5−41合田ビル6F

メールで問い合わせる

ホームページで成果をあげるには、
まず現状分析

反響のないホームページをあきらめていませんか?ホームページで成果をあげるためには、現状を分析し改善していく必要があります。大阪市西区の本社にて無料相談を受け付けておりますので、ホームページ制作のことでお悩みの方は上記CONTACTより、お問い合わせください。